プレス機に全身を挟まれ39歳の工場長が死亡

 

15日午前9時45分ごろ、太田市六千石町の金属リサイクル工場「フジメタルリサイクル太田工場」の工場長、足達和大さん(39)=同市大原町=がプレス機に挟まれ死亡した。

 

足達さんは全身を挟まれ、ほぼ即死だったという。

 

同署によると、この日、足達さんは午前8時ごろから、同僚と2人でプレス機の中に廃金属を入れ、プレスをする作業をしていた。

 

 

同僚が席を外した直後、プレス機のリモコン型スイッチを首にかけて、詰まった金属を取り除こうと機械の中に入った際、何らかの原因でスイッチが入り、機械が作動したという。

 

足達さんは午前10時ごろ、同僚に発見された。

 

プレス機は床面に設置され、縦1・8メートル、横1・2メートル、深さ0・75メートル。

 

同署が死因などを調べている。

 

誠に痛ましい事故ですね。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,