財務省、最初の死者は1月29日「安倍首相、佐川局長の答弁書作成係長」

 

森友学園への国有地払下げに関する決裁書の改ざん問題で、財務省に2人目の死者がいることが分かった。

 

きょうあった野党合同ヒアリングで柚木道義議員(希望)、杉尾秀哉議員(民進)が追及し、明らかになった。

亡くなっているとされるのは、理財局国有財産業務課・債権管理係長のA氏。

A係長は安倍首相や佐川局長の国会答弁を作成する仕事にあたっていた。

 

 

事実関係を問われた財務省理財局の富山一成・局次長は

「職員個人の問題なのでお答えできない」

とかわした。

 

語るに落ちたのは、井口裕之・国有財産企画課長だった。

「マスコミフルオープンの場でそうしたことはお答えできない」と。

財務省側は否定しないのである。

 

 

係長は1月29日に死亡したとされる。

警察は自殺として処理したようだ。

 

 

今回の公文書改ざん事件では、上司から決裁書の書き換えを命じられていた近畿財務局の職員が7日、自殺している。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,