中国でひそかに増えている「精神日本人」って何?

 

2018年2月26日、環球網は、中国で「精神的日本人(精日)」と呼ばれる人々がひそかに増えていると伝えた。
 

精日は、

「自分は中国人ではあるが、精神的には日本人だ」

と考える人々を指す言葉。

 

ネットを中心に使われるようになったが、まだ関連資料は少ないものの、そうした人々は水面下で増えているという。
つい先日は、日中戦争の戦場跡で旧日本軍の軍服を着たコスプレの写真をネット上に投稿した中国人男性2人が15日間の行政拘留処分になった。

同様の事例は上海や成都など各地で起きている。

南京でも南京大虐殺が起きたその場所で男性2人が日本の武士の格好をして問題となった。
 

SNSの機能を持つメッセンジャーアプリ・テンセントQQで「武運長久」や「東亜共栄」といったキーワードで検索するとグループがいくつも見つかる。

 

「大日本軍事交流基地」というグループは

「日本の文化と歴史を愛する人、日本の軍人は加入可能」

とうたっているという。
 

いわゆる「日本好き」を指す「哈日」と異なるのは、中国や中国人を強く否定する感情を抱いている点にあり、

「中国など滅んでしまえ」、

「中国人などいなくなってしまえ」

とまで考えるという。

 

中国の質問サイトのある投稿では、精日は「中国人であることを恥とする人々」だとされている。
 

こうした人々は日常生活の中では見分けにくいが、ネット上では日本を礼賛する書き込みをするなど、徐々に存在感を表しつつある。

 

旧日本軍のコスプレをネット上で非難していたあるユーザーは、「精日」から個人情報を暴露される「人肉捜索」を受けたと伝えられた。
記事によると、北京大学の専門家は精日について「単なる日本好きの哈日とは分けて捉える必要がある」と指摘。

「本来はごく少数の目立たない存在だったが、コスプレ事件をきっかけに水面下から浮上してしまった」

とし、

「このまま野放にすれば悪影響が生じかねない」

と話しているという。

 

 

また、2018年3月8日、中国の民族感情を逆なでする「精神日本人(精日)」問題について、現在開かれている全国政治協商会議(政協)の委員が国家と民族の尊厳保護のための新法制定を提案した。

 

中国青年網が伝えた。

中国では最近、旧日本軍に扮(ふん)した写真をネットに投稿した男性2人組、南京事件に関して侮辱的な発言をした男性が相次いで行政拘留処分を受けた。

 

これらは「自分は中国人だが精神的には日本人」と考え、一部は

「自身の民族を恨んで日本を崇拝、自分が中国人であることを恥じる」

とされる「精神日本人」の行動と捉えられており、8日には王毅(ワン・イー)外相が記者からの質問に対し、「恥さらし、裏切り者」などを意味する「敗類」という言葉を使って非難する場面も見られた。

記事によると、同日出された提案書には文芸界の委員38人の署名が添えられており、この中には俳優のジャッキー・チェン(成龍)氏の名もあった。

 

提案書は「国旗法」「国章法」「国家法」に倣って国家と民族の尊厳を侵す行為を処罰するための新法制定を呼び掛けるほか、刑法の見直しにも言及。

 

国、民族に対する極めて重大な侮辱行為や日本軍国主義、日本の武士道精神、ファシズムの宣揚などを刑法による処罰の対象とするよう求めている。

 

 

 



-事件・事故, 海外, 話題
-, ,