「イチローの恋人」「マー君の生みの親」奥村幸治氏が裏話披露

 


楽天時代の田中と握手を交わす奥村幸治氏

 

プロ野球・オリックスの元打撃投手で、現在は中学生を対象にした野球チーム「宝塚ボーイズ」の監督を務めている奥村幸治氏(44)が18日、フジテレビ系「ジャンクSPORTS」(夜7・00)にゲスト出演した。

 

奥村氏はオリックス時代、イチローの専属打撃投手を務め「恋人」とまで言われた。

ルーティーンを重視するイチローらしいエピソードとして、かつて1日だけ打撃投手を休んだ時、イチローから「今日はヒットを打たなくていいんですね」と言われた。

 

理由を尋ねると、

「僕は奥村さんのボールで毎日この結果が出てます。(投げないと)今日僕のスタイルが変わります」

と説明しMCの浜田雅功(54)を驚かせていた。

 

奥村氏はプロ野球界を去った後、「宝塚ボーイズ」の監督に就任。

ここで当時捕手だった田中将大(ヤンキース)を投手へ転向させた。

 

奥村氏は当時投手を務めていた同級生の坂本勇人(巨人)については

「この子は将来プロになるんだろうな」

とその可能性を感じていたが、当時バッテリーを組んでいた捕手の田中については

「動きも鈍くて、プロになるイメージがなかった」

と振り返った。

 

その上で、田中に投手への転向を勧めた。

 

奥村氏はその理由として

「コントロールが抜群でボールを回すのが器用だということと、ご両親が体が大きかったので、将来的に絶対大きくなるなあ…と思って、中学1年生の秋に言いました」

田中は投手転向後、めきめきと才能を開花させ、奥村氏は

「(田中から)2年生の時に『三振を取りたいのでスライダーを覚えたい』と言ってきたので教えたら、すぐに僕より曲がりました」

と笑って話していた。

さらに浜田から「中学の時のマー君ってどんな子やったんですか?」と質問すると、奥村氏は

「初めての練習の時にグローブを忘れてきたんですよ。僕の前に来てもじもじして泣きそうになってたので聞くと『グローブ忘れました』と。そんな子は後にも先にも彼だけです」

と話した。

 

奥村氏のもとでプレーした時期について田中は

「一番意識の高い野球をやっていた」

と感謝しており、ボーイズチームにピッチングマシンやユニフォームなどを寄贈しているという。

 

 

 

 

 



-いい話, スポーツ, 話題
-, , ,