伊調馨&吉田沙保里 分かれた明暗

 

性格的にはそもそも、水と油だった。

 

レスリング界の「絶対女王」と呼ばれる伊調馨(33)と、「霊長類最強女子」の異名をとった吉田沙保里(35)。

ともに国民栄誉賞を受賞する日本女子レスリング界のツートップは、2016年のリオ五輪でクッキリと明暗が分かれた。

 

 

レスリング女子で前人未到の五輪4連覇を果たした伊調とは対照的に、決勝でまさかの敗戦を喫した吉田の4連覇は無残に消えた。

15年間にわたって君臨した世界女王の座から陥落し、銀メダルを首からぶら下げて号泣した。

 

 

「しかし今、『我が世の春』を謳歌しているのは吉田の方です」とレスリング関係者が続ける。

 

 

「リオ前から恩師である栄レスリング協会強化本部長との関係が悪化し、今は練習する環境すら満足に確保できない伊調がついに恩師を“告発”するに至ったのに対し、吉田は15年末に長年所属したALSOKを退社してマネジメント会社と契約してから生活そのものがガラリと変わった。

リオ五輪直前の個人壮行会には芸能界、財界からも人を集め、出席者は実に1000人超。会費制だったため、『まるで政治家の資金集めパーティーだな』という声も上がった。

リオ後は売れっ子タレントばりにテレビやイベントに出まくり、年収はウン千万円ともっぱらです」

 

 

イベントに出れば、報道陣に開口一番、「巻きで」(急いでの意)と業界用語でクギを刺す。

昨年9月からの約半年間で25本以上のテレビ番組に出演。

昨年末はハワイで年越しを迎え、現地では笑福亭鶴瓶らと過ごしたというから、もはや芸能人そのものである。

 

 

■競技普及行脚

 

天真爛漫で社交性に富む性格を生かして活動の幅を広げる吉田に対し、伊調は愚直な求道者というタイプ。

バラエティー番組に出演することはほとんどなく、五輪などの節目でアスリートが集まるスポーツバラエティーに出たことがある程度だ。

 

一方で、各県のレスリング協会や地方自治体が主催するレスリング教室に積極参加。

昨年だけでも地元の青森をはじめ、群馬、京都、大阪、滋賀、和歌山に鹿児島と地方に足を運んで、子供たちの指導に精を出している。

 

 

「今年1月には東京でも体験教室を開催するなどして、派手な吉田とは全く違った形で地道にレスリングの普及に努めているわけです。

性格の違いがよく表れているのですが、決定的なのはやはり、栄強化本部長との距離感です。一番弟子を自任する吉田は、以前は栄本部長と同じマンションに住み、栄さんの幼い娘をまるで我が子のようにかわいがっている。そんな吉田をかわいくないはずがなく、彼女が16年11月に至学館大の副学長に就任したのも栄さんの後押しがあったから。

伊調は、2人がそんな蜜月関係だからこそ距離を置かざるを得なかったこともあり、その結果、どんどん溝が深まってしまったというところがあるのです」

(スポーツライター)

 

 

最悪の形で表面化した恩師と盟友のいざこざ。沈黙を貫いている吉田は、大きなショックを受けているという。

 

 

 



-スポーツ, 事件・事故, 国内, 話題
-, ,