意外と知らない 力士の給与

 

場所が始まったり、地方巡業で地元にやってくるなどして大相撲の存在が身近になっても、力士のことは知っていそうで知らないことが多い。

 

いったい、彼らはどのようにして収入を得ているのか──。

 

 

力士は一般のアスリートとは給与体系が大きく異なる。

相撲協会寄附行為施行細則には「力士の給与は月給制とする」と規定されている。

力士は相撲協会という会社に所属する“サラリーマン”なのだ。

 

 

しかし、給料をもらえるのは「関取」と呼ばれる十両以上の力士に限られる。

幕下以下には給料がない(表参照)。

相撲協会の力士の総数は約700人で、このうち関取は70人だから、全体の1割にしか給料が支払われていないことになる。

 

「幕下以下は力士養成員と呼ばれ、給料ではなく1場所ごとに場所手当(7万~15万円)がもらえるのみ。本場所の13日目に現金で支給される。ここから税金と、部屋によっては積立金が引かれる」

(協会関係者)

 

 

もっとも衣食住は部屋が提供してくれるので、幕下以下でも贅沢をしなければ生活には困らない。

だが、西十両14枚目と東幕下筆頭では月給が「103万円」と「0円」。

番付1枚違うだけでこんなに違うのだ。

 

 

給料に加え、関取には場所ごとに勝ち越し数や金星によって特別加算される「力士褒賞金」が支払われる。

勝ち越し1勝につき2000円、金星1個につき4万円、全勝優勝なら3万円が加算され、引退するまで上積みされ続ける。

ちなみに横綱・白鵬の褒賞金は771万円(3月場所現在)で、新十両で最も少ない貴公俊でも16万円。

 

年6場所で白鵬は4626万円、貴公俊は96万円上乗せされる。

 

 

これに賞与(給料の2か月分)、地方場所や巡業の手当を加算すると、新十両の貴公俊の年収は1600万円となる。

給料0円の幕下から十両に昇進すると収入がここまでアップする。

 

まさに天国と地獄である。

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, ,