3月11日、NHKのテレビ欄「縦読み」に反響

 

「NHKの番組表見て泣いてしまった」。

 

新聞各紙の2018年3月11日付テレビ欄で「縦読み」すると、被災地へのメッセージになっていると反響を呼んでいる。

東日本大震災からちょうど7年を迎え、テレビ各局では、情報番組などで追悼特集を組んでいる。

 

 

「東北民の私にとっては、とても嬉しい ありがとう」

そんな中で、ツイッター上では3月11日、新聞のテレビ欄を見て驚いたという声が、番組表の写真とともに次々に投稿された。

 

NHK総合テレビでは、午前10時5分からと午後1時5分から、震災の特集番組が放送された。

テレビ欄で、その番組案内の左端を縦読みすると、こう書かれていた。

「東北が大好き!」
「あの日をわすれないよ」

新聞によっては、「東北好き!」との表現になっていた。

 

被災地を励ますメッセージに、感銘したとの声が次々に寄せられている。

 

「NHKさんすごい!! 縦読みやるな~~~」
「完璧に狙ったね、こゆのいいね、ちょっと泣けるやん」
「東北民の私にとっては、とても嬉しい ありがとう」
「素敵です。 私も忘れないよ、あの日を」

NHKの公式ツイッターでは、3月11日夕現在、今回の「縦読み」については何も言及していない模様だ。

 

 

 



-いい話, 事件・事故, 国内, 話題
-, , ,