藤井六段の昼食代「高すぎる」と叩く人々 本気なの?

 

「藤井聡太六段、師匠よりも高い昼飯を注文してしまう」――。

 

中学生棋士の藤井聡太六段(15)が師匠の杉本昌隆七段(49)と公式戦で初めて対局した2018年3月8日、ネット掲示板「5ちゃんねる」(5ch)上にはこんなタイトルのスレッド(スレ)が複数立った。

 

 

これらのスレを覗いてみると、そこには

「これは許せんわ...」

「流石に調子乗り過ぎ」

といった書き込みが続々と。

 

実は、以前からネット上では、藤井六段の昼食代を「中学生にしては高すぎる!」などと冗談交じりに批判するユーザーが存在するのだ。

 

 

「完全に調子のってるわこれ」

将棋の最年少プロとして16年12月にデビューして以降、公式戦最多の29連勝をはじめ破竹の快進撃を続ける藤井六段。

 

18年2月1日には順位戦C級2組を全勝で突破し中学生初の五段昇段、その約2週間後には朝日杯で優勝し、六段へのスピード昇格を決めた。

 

そんな活躍の裏で、ネット上には藤井六段が対局時に注文する「昼食の値段」に注目するユーザーたちがいる。

メディアや対局中継などでは、藤井六段が食べた昼食のメニューがほぼ決まって紹介されるようになったことから、

「中学生のくせに高いものを注文しすぎではないか」

というやっかみの声が5chユーザーを中心に出始めたのだ。

 

こうした意見が5ch上で目立つようになったのは、18年1月頃から。

この辺りから、藤井六段が注文したメニューの値段を否定的に捉えたタイトルのスレが5chに立ち始め、今ではすっかり「定番化」。

 

藤井六段が対局に臨むたびに、

「【悲報】藤井四段、昼食に1000円の和牛ハンバーグ! 完全に調子のってるわこれ」(1月11日)
「【悲報】藤井四段、昼食に1000円(カツカレーと生卵)使ってしまう」(2月1日)
「【悲報】藤井五段昼食に1000円も使ってしまう」(2月15日)
「【悲報】藤井聡太 六段、昼食で1000円の和牛100%ハンバーグを注文してしまう」(3月1日)

といったスレが立つようになったのだ。

 

 

ほとんどの書き込みは「冗談」?

とはいえ、こうしたスレに書き込むユーザーのほとんどは、本気で藤井六段の昼食代に嫉妬しているわけではないようだ。

 

スレに寄せられた書き込みを見ていくと、5chユーザー達はどうやら昼食代に嫉妬するという「自虐ネタ」を冗談として楽しんでいる様子。

 

実際、ここ最近のスレでは、

「この前注意したのにまたかよ どうすればこの子はわかってくれるんだろう...」
「さすがにあかんやろ 事務所とか注意しないんか?」

など、明らかに冗談と分かる批判を投稿するユーザーも増えている。

 

 

ただ一方で、全ユーザーが冗談で藤井六段を批判しているわけではないようで、スレには「

ガチで批判してる勢が居るのが闇が深い」

「大半はネタやろうけどガチが混ざってるのが怖い」

といった書き込みが寄せられることもある。

 

 

また、藤井六段が師匠の杉本七段と対局した3月8日には、冒頭に挙げたように

「藤井聡太六段、師匠よりも高い昼飯を注文してしまう」

といったタイトルのスレが複数立った。

 

 

このときは、杉本七段が計800円「そば定食」いなりずし付きを注文。

一方の藤井六段は、師匠よりも30円高い「親子丼、冷うどん」(830円)のセットを頼んでいた。

 

これに上記のスレには、

「これもう間接的な俺はもう師匠越えしてるんだぜアピールだろ」
「いくら六段になったからってやって良い事と悪い事があるだろ」
「もうお前は師匠ではないという決別宣言だよ この振る舞いは」

といった書き込みが殺到。

 

集まった5chユーザーたちは、常にも増して盛り上がりを見せていた。

 

 

 



-いい話, スポーツ, 話題
-, ,