渡部暁斗、けが隠した「本当の理由」

 

平昌オリンピックで2大会連続となる銀メダルを獲得したノルディックスキー複合の渡部暁斗選手(29)=北野建設=。

オリンピックで全3種目に出場した後になって、大会前に肋骨を骨折していたことが判明しました。

本人はけがについて一切口にせず、大会に臨んでいました。

その理由には、渡部暁斗選手らしい「男気」がありました。

(朝日新聞スポーツ部記者・勝見壮史)

 

競り合いに敗れ、金メダル逃す

「地力の差」

 

2月14日にあった個人ノーマルヒル(NH)で、金メダルを取ったエリック・フレンツェル(ドイツ)との競り合いに敗れた渡部選手は、そう敗因を語りました。

フレンツェルは同じ29歳で、渡部選手が最も意識している選手です。

4年前のソチ五輪NHでも、一騎打ちの末に敗れていました。

最後の上り坂前で、スパートをかけたライバルについていけず、再び銀メダル。

 

その後の個人ラージヒル(同20日)、団体(同22日)ではメダルを逃しましたが、ひと言もけがのことを口にはしませんでした。

 

言うつもりはなかった

けがが発覚したのは、最後の種目となった団体後に、日本の河野孝典コーチがテレビ取材に対して明かしたからでした。

私がそのニュースに気付いた時には、すでに渡部選手本人に真意を確認できる状況にありませんでした。

「本当は言うつもりはなかったんですけどね……」

 

取材した同僚記者によると、2月24日、帰国した羽田空港で報道陣から骨折のことについて問われると、渡部選手は笑ったそうです。

 

けがをしたのは、2月2日に長野県白馬村であったワールドカップ(W杯)の公式練習。

ジャンプの着地直後に前のめりに転倒しました。

私はその現場を取材していました。

五輪を控え、心配する報道陣に対し、「影響ありません」と答えていたことを覚えています。

 

 

骨の1本くらい、くれてやる

痛みはそれほどなかったそうですが、韓国入りしてから診断を受け、左の肋骨にひびが入っていることがわかったとのこと。

平昌に入って、3日間はストックを突いて滑る距離の練習はできなかったそうです。

 

「痛み止めを飲んでいたので、痛みはほとんどなかった。悔やんだって、骨がくっつくわけではない。骨の1本くらい、くれてやるっていう気持ちでした」

 

渡部選手らしいコメントでした。

 

実際、白馬でのW杯2戦は優勝と3位。

今季はW杯開幕直前にも、今回とは違う箇所ですが、左の肋軟骨を骨折していました。

それでも開幕2戦では3位と優勝。

 

「けがは言い訳にはならない。自分は、それでも勝ってきたんだから」

という言葉も納得できます。

 

 

フェアな戦いで勝ちきる

正々堂々と戦う。

 

それが渡部選手の信念です。

集団の中で相手の邪魔になるような位置につける。

風を受けて体力が消耗することを嫌がり、前に出てレースを引っ張るような走りはしない。

距離では、選手間で様々な駆け引きはありますが、渡部選手はそんな「ずるいやつ」を嫌います。

 

最後に疲れてスプリント勝負で負けるかもしれなくても、目先の勝利にとらわれず、積極的に前に出るレースを続けてきました。

「その戦い方が自身の走力向上にもつながった」。

 


【もしもアフィリエイト】ってなに?


渡部選手はそう分析しています。

 

 

平昌五輪の個人NHでも、フレンツェルに勝てなかったときにこう言いました。

「お互いに引っ張るところもあり、引っ張ってもらうところもあり、フェアに戦えた。そういうフェアな戦いをして、勝ちきるというのが、自分の求めている理想。そういう選手が僕は好きなので、(他の選手ではなく)彼が勝ってくれてよかった」

 

 

15年ぶりの地元開催に感謝

ただ、気になった点もありました。

 

W杯開幕前に負傷したときは、開幕戦で3位になった記者会見で、自ら練習で左脇腹を強打し、痛めていたことを明かしていました。

それではなぜ、五輪では一切、口外しなかったのでしょうか。

 

その理由を聞かされた時、思わずグッときました。

けがをした平昌オリンピック直前のW杯は、15年ぶりに地元・白馬村で開かれた大会でした。

 

 

「けがを明らかにすることで、白馬大会がネガティブに伝わるのが嫌だった。関係者の人たちに大会を開いたせいで、と思ってほしくなかった。僕は白馬で大会ができたことがうれしかったし、前向きにとらえたかった」。

渡部選手の言葉からは地元への感謝の思いが伝わってきました。

 

 

昨季は札幌で開かれたW杯が、ふるさとの白馬で開かれることついて、渡部選手はこう話していました。

 

「僕の生まれ育った地元で、試合ができるのは本当にうれしく思う。地元の方に札幌に来てもらう機会は難しかったと思うので、僕が今どういう選手に育ったかというのを、地元のみなさんにぜひ見ていただいて、楽しんでいただきたい」

 

優勝した白馬大会の1戦目、コース脇のファンに手を振りながらゴールした姿が、味わい深い風景として改めて思い出されました。

 

 

本意ではない「まねして欲しくない」

渡部選手はこうも語っています。

 

「(僕の決断によって)若い選手が無理して試合に出るのを懸念している。自分はオリンピックで、特別な舞台だからやったことで、イレギュラーなケース。よい子にまねして欲しくない」。

 

ただ、私は、この言葉は本意ではないと感じました。

オリンピックに限らず、渡部選手はW杯でもけがを押して出場しているからです。

 

 

五輪でも「渡部暁斗」流は健在

日本の河野コーチは渡部選手のことを、

「チームを、言葉なしで引っ張るタイプ。本当の努力家」

だと言います。

 

なかなか企業などの支援に恵まれない冬季スポーツで、渡部選手は結果を出すことで環境をよくしてきた側面があります。

 

「言うつもりはないけど、今の若いやつは、って思うところもありますよ。自分も先輩たちから見たら、そうなんだと思いますけど」。

渡部選手が、そう笑って話してくれたこともありました。

 

 

言葉ではなく、背中で語る。自分の信念を貫く。

オリンピックという大舞台でも、「渡部暁斗」流は健在でした。

 

彼の「男気」好きですね。

 

 

 

 

-いい話, スポーツ, 話題
-,