星野仙一さん追悼試合で起きた偶然

 

「オープン戦、阪神2-2中日」(10日、甲子園球場)

02年、03年に阪神を率いた星野仙一さんの追悼試合として行われ、九回にマテオがつかまって引き分けに終わった。

ただ、初回に1点、四回に1点を阪神が挙げたことから、スコアボード上に起きた偶然がネット上で話題となっている。

 

初回は鳥谷が四球で出塁し、俊介が犠打で送って二塁へ。福留は見逃し三振に倒れたものの、4番のロサリオが左前に運んで1点を先制した。

四回は高山に適時二塁打が出て1点を追加した。

 

すると阪神のスコアボードには「1001」と数字が並び「センイチ」に。

 

ツイッター上では

「スコアボードに『1001』を刻み込むファインプレー」や、

「なにげに1001(仙一)でよしとしよ」

とする投稿が見受けられた。

 

試合は1点リードで迎えた九回にマテオが自身の暴投もあり同点適時打を許すピリッとしない内容、結果となったが、全敗だったオープン戦の7試合目にして初の引き分けとなった。

 

 



-いい話, スポーツ, 話題
-, , , ,