エイミーさん「イチ・メーターは新しいのを作る」

 

安打数をカウントする自作の「イチ・メーター」でおなじみのシアトル在住のイチローファン、エイミー・フランツさんがスポニチ本紙の取材に応じ、マリナーズ復帰への喜びを語った。

(構成・奥田秀樹通信員)

 

イチローがどこでプレーするのか、冬の間はずっとニュースをチェックしていました。

マリナーズに戻ってくるなんて、本当にうれしい。

素晴らしいニュースに、今日はエキサイトしていました。

 

昨季は3カード、9試合に応援に行きました。

1カードはシアトルで、残り2カードはマイアミ。

マイアミでは一度、球場からの帰り際にファンに囲まれてサインをしているイチローと話すこともできました。

 

(自宅のある)シアトルからマイアミは遠いし、お金もかかる。

今年はシーズンを通してイチローのプレーが見られます。

 

「イチ・メーター」は新しいのを作ろうと思っています。

初代のものはクーパーズタウンの野球殿堂に寄贈し、最近使っていたのは日米通算4000安打を見届けたもので、相当使い古している。

サインも入れてもらっているので家で大切に保存します。

 

新しいのは6代目になるかな。

できればすぐにでもアリゾナキャンプに飛んでいきたいけど、私にも仕事があるので、公式戦を楽しみにしています。

 

今回は1年契約。

今後、どれだけプレーするのかは予想がつきません。

 

でも、私はこれからもずっと、50歳になってもプレーを続ける限り、応援を続けていきたいです。

 

 



-いい話, スポーツ, 話題
-, , ,