イチローの古巣復帰に地元「歓喜」

 

マーリンズからFAになったイチロー外野手(44)が、古巣マリナーズにメジャー契約で復帰することが5日(日本時間6日)、明らかになった。

 

FA市場が停滞する中、マ軍の正左翼手・ギャメルが腹斜筋を痛めたこともあり、急きょ渡米。

この日までにシアトルで身体検査も受け、6日(同7日)にもアリゾナ州ピオリアでキャンプを行うチームに合流する。

背番号は空き番号でもある51になる見通し。

 

“50歳まで現役”を目標に掲げるレジェンドの、日米通算27シーズン目がスタートする。

 

イチローが6年ぶりにシアトルへ帰ってくる。

メジャー18年目の舞台は、数々の伝説を生み出したセーフコ・フィールドだ。

マリナーズと合意間近とのニュースが地元紙のシアトル・タイムズ電子版に掲載されると、地元ファンからは「最高!」「彼を待っていた」など多くの祝福の声が寄せられた。

 

04年のシーズン262安打の年間最多安打樹立、そして10年連続となる200安打&打率3割など、12年途中までチームの顔だったレジェンドの帰還に、市民は早くも歓迎ムードだ。

 

FA市場は例年になく停滞していたが“追い風”が吹いて電撃移籍が決まった。

マ軍はオフに、マーリンズでイチローのチームメートだったゴードンを獲得。

二塁から中堅にコンバートさせた。

 

ところが、正右翼手のハニガーは右手を痛めて欠場続き。

第4の外野手・ヘレディアも昨秋に右肩を手術し、まだ2打席しか立っていない。

さらには昨季、左翼の定位置を奪った25歳のギャメルが右の腹斜筋を痛めて、4~6週間の離脱を余儀なくされた。

 

外野手にけがが相次いだことで、イチロー獲得に消極的だったマ軍も状況が一変。



神戸市内で孤独のトレーニングを積んでいた、メジャー現役最年長野手へと白羽の矢を立てたのだ。

 

ヘレディア、ハニガーの回復が遅れるようならば、イチローは開幕スタメンに名を連ねる可能性も高い。

 

ただ、ギャメルは昨季、打率2割7分5厘、11本塁打と確かな実績を有する。

イチローはギャメルが復帰するまでに、ある程度の成績を残す必要がある。

かつてマ軍では、チーム初の殿堂入りを果たしたグリフィーが、復帰2シーズン目の10年にあまりの不振からシーズン途中に現役引退を発表したこともある。

 

シーズン中に故障者が戻ればマイナー落ちの危機にもなるが、百戦錬磨のイチローだけに、踏みとどまるすべは知っているはずだ。

 

日本のファンには夢が広がる。

 

二刀流・大谷が在籍するエンゼルスとマ軍は同じア・リーグ西地区に属し、今季は19試合も組まれている。

 

最初の対戦は5月4日から、シアトルでの3連戦。

そこまで外野陣のサバイバルに勝ち抜き、チームで存在感を示せるか。

 

44歳の新たな挑戦が始まる。

 

イチローにはマリナーズのユニフォームが似合うなあ~

「イチローvs.大谷」観てみたい!!

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-いい話, スポーツ, 話題
-, , ,