【卓球】水谷隼が優勝 張本智和に雪辱

 

「卓球 ジャパン・トップ12」(3日、東京・駒沢屋内球技場)

男子決勝は、リオデジャネイロ五輪銅メダリストの水谷隼(28)=木下グループ=が、14歳の全日本王者・張本智和(エリートアカデミー)を4-2で下し、3大会ぶり4度目の優勝を果たした。

過去2敗を喫していた張本に初勝利し、

「張本もすごく強いが『自分もまだまだやれるぞ』というところを、張本にも周りのみんなにも見せられて良かった」

と自信を取り戻した。

 

試合を終えたエースは開口一番、「すごくホッとした」とはき出した。

 

1月の全日本選手権決勝は2-4で完敗し、

「これが張本の(好調ではなく)普段通りの100%の力なら、何回やっても勝てない」

と弱音を吐いていた。

 

あれから41日。

 

雪辱を果たし「今日はいい戦術で戦えた」と胸を張った。

 

過去の敗戦を糧に、今回は前陣から下がらず積極的にカウンターを狙った。

「僕の1番ダメなところはレシーブが消極的なところ。チキータもすごく苦手。今日は負けてもいいから練習も兼ねてチキータをたくさん使った」。

 

張本のお株を奪う攻撃的なバックハンドレシーブでプレッシャーを掛けた。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


「張本はそんなにサービスに威力がないので、いつもより半歩前に出て、甘いサービスが来たら狙っていくぞと。リスクを背負ってカウンターを狙った。全日本の時は(相手のショットが)フォアかバックのどちらに来るのかわからなくて待てなかったが、今回はヤマを張って待つことができた」

また、サーブでも流れをつかみ、

「過去2回負けているときは、サービスで全然先手を取れなかった。今回はサービスをすごくシンプルにして、相手のチキータレシーブを封じたことが1番の勝因だと思う」

と分析した。

 

また1つ名勝負を終えて、「試合をしていて非常に楽しかった」と水谷。

 

「1ゲーム1ゲームごとに新しい技、新しい戦術をどんどん出して、次は何を出してくるんだろうというワクワクがすごくあった」。

 

国内で世界トップレベルの応酬ができた喜びを素直に言葉にした。

会場インタビューでは

「張本の力はまだまだこんなものじゃない。自分ももっと力をつけて頑張りたい」

とハッパもかけた。

 

天才少年と並走しながら、エースとしてまだまだ進化を続けるという決意がにじんだ。

 

いい勝利ですね!!

まだまだ水谷選手やれます、二人が軸になって東京五輪目指してください。

 

 

-スポーツ, 話題
-, ,