世界室内、男子400メートル予選で全員失格の珍事

 

[バーミンガム(英国) 2日 ロイター]

陸上の世界室内選手権は2日、各競技を行い、男子400メートル予選では3組で走った5人全員が失格になるという珍事があった。

 

 

トップでゴールしたグレナダの選手はコースをはみ出たとして失格。

ジャマイカとラトビア、バハマの3選手も同じ理由で失格となった。

2017年世界選手権での銅メダリスト、アブダル・ハルーン(カタール)はフライングによりスタート前に失格となっていた。

 

 

統計の専門家、マーク・バトラー氏によると、陸上の主要大会の予選で全員が失格となったのは初めてだという。

 

  • それ、コースに問題あったりしない?
  • トラックのラインが見にくいとかカーブが小さいとか何か理由ないのかな?
  • これだけトレーニングした選手でも、決まったコース内を走るのは大変なのかも知れないんですね。
  • ちょっと前に競艇で似た話があったな
  • 陸上ってコースの幅小さすぎるよね。
    スピードスケート見ててそう思ったよ。
  • まじで 選手全員失格なんだ 選手が全員って初めて聞いたし 選手ばかりじゃなくて 会場のコースにも問題あるんじゃ無いのかな よーーク調べてみてほしいぞって思う
  • コースに問題があったのか?
    そうでなければそういうこと(全員失格)にはならないと思う。

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, ,