【平昌五輪】高木美帆の地元じゃ有名な「天才少女」っぷり

 

スピードスケートの女子1500メートルで、1位と0秒2という僅差で銀メダルを獲得した、高木美帆選手。

 

やはりメダリストになる選手には、“仰天伝説”があったーー。

 

「“神の子”だと言った指導者の方もいましたが、それが言いすぎではないくらいの選手でしたねぇ」

 

そう話すのは、昨年まで帯広南商業高校スケート部顧問だった東出俊一さん。

 

東出さんは、女子スピードスケートの高木美帆の高校時代の恩師だ。

 

「私は顧問ではありましたが、高校時代の彼女に、特に何かを教えたということはないんですよ(苦笑)。小学生のころから地元では知らない人は誰もいないくらい図抜けた存在で、中学生でオリンピックに出ている。

本当に能力が高く、のびのびやってほしかったので、余計なことは言わないように気をつけて、たまにアドバイスした程度でした」(東出さん、以下同)

 

「競技もオールラウンダーなのですが、私生活においてもオールラウンダーな子なんですよ。地元でいちばんの進学校に入る学力もあったのですが、競技の関係で、うちの高校に入学しました」

 

 

中学時代には国内で敵なしといえる、天才少女だった高木だが、その才能はスケートだけにとどまらなかった。

 

「在学中もW杯であったり、国内外で遠征が多かったので、1年のうち3分の1程度は学校を休まざるをえなかった。それでいてテストなどは学年でトップレベルの成績を出す。学力だけでなくサッカーをやっても、ダンスをやっても、なんでもできる子でした」

今回は同じく東出さんの教え子である姉の菜那と、初めて姉妹での五輪出場となり、団体追い抜きに臨む。

 

妹は15歳で'10年のバンクーバー五輪に初出場し、その年、姉は出場を逃した。

 

'14年のソチ五輪では逆に姉が初出場を果たし、妹は出場を逃した。

 

「姉妹で性格はかなり異なりますね。姉の菜那は負けん気が強く勝負にこだわる。妹の美帆はさっぱりした性格です。タイプは違いますが、お互いに意識して努力する、いいライバル関係だと思いますね」

 

5大会連続で五輪に出場し、長野では銅メダルに輝いた岡崎朋美さんに美帆の印象を聞いた。

 

美帆の初出場のバンクーバーは、岡崎さんにとってのラスト五輪でもある。

「すごく大人になりましたよね。バンクーバーのときは本当に“子ども”でしたから。いまは自分が考えていることを、きちんと言葉にして表現できるようになりましたね」

 

 



高校時代の彼女は男子と遊ぶことのほうが多かったようだ。

 

スケート部の同級生だった関井翔太さんは言う。

 

「女の子同士だと変に気を遣うのが嫌だったみたいで男とつるむことのほうが多かったですね。部活の後はサッカーをしたり、川遊びもしました。ジャージを脱ぎTシャツとスパッツでザブン! と入って泳いでいましたよ(笑)」

 

ダンスやスケートクラブが同じで、幼いころから高木とは付き合いがあったという関井さん。

 

なんと彼女の自宅にお泊まりしたことも。

 

「美帆の実家の車庫でバーベキューをして、そのままお泊まり。遅くまで話していましたね。お姉さんの菜那ちゃんも先輩でしたが、そんなのは抜きにして接してくれました」(関井さん)

 

いくら幼なじみといっても、年ごろの男女が一緒に泊まって大丈夫だったの?

 

「女として意識したことはないですね。恋愛とかそういう話もまったくしたことはありませんでしたよ(笑)。スケートの練習も男子と一緒にしていたし、悔しくて泣いたりしている姿も見たことはなかったですね。今回の金メダルまで涙は取っておいたのかもしれませんね」

 

毎年、文化祭の後夜祭では一緒にダンスを披露した。

1年のときは姉の菜那と3人組でロックやヒップホップを踊ったという。

 

 

一方で、女子からの人気はというと……。

 

「美帆は女子クラスだったのですが、友達はいっぱいいましたよ。商業高校だったので簿記も、情報処理も1級に受かっていました。これはそう簡単に受かるものではないですから、いつの間に勉強したんだろうと思いましたね。その瞬間の集中力に長けていましたね。やるって決めたらやるというタイプでした」(高校の同級生)

 

 

優等生といっても、ただ勉強ができるだけではなく、

 

「普段はまじめだけど、空気も読める子で、みんなから嫌われている先生の授業では話をわざと脱線させるようなこともやっていました(笑)。ちゃんと高校生活を楽しんでいましたね」(同・同級生)

 

男性にも負けない滑りと、強固なチームワークは、そんな過去があったからなのだろう!

 

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-いい話
-, ,