「大谷翔平」デビュー戦・ストライクが入らずスタンドからため息

 

いよいよ大谷のメジャーデビュー戦がやってきた。

オープン戦2戦目、先発で2イニング投げるという。

 

 

雲ひとつない快晴ではあったが、アリゾナにしては肌寒い気温13度の中で試合は始まった。

土曜日と大谷の先発が重なって、スタンドは外野まで開放して9割程が埋まっている。

 

同じアリゾナでキャンプを張っているドジャースやカブスほどの人気球団ではないので、スタンドがこんなに埋まることは滅多にない。

これも大谷効果か。

 

「ピッチャー、OTANI」

 

コールに歓声が響き渡る。

 

球場全体が期待感に包まれ、独特の雰囲気でプレイボールがこだました。

 

1球、2球……ストライクが入らない。

スタンドからはため息とヤジが飛ぶ。



 

結果は、1回3分の1、31球を投げて2安打、2失点、1四球、2三振……。

2回にはホームランも浴びている。

 

試合後の自己分析で、大谷はこう語っている。

「全体的にカウントの球が甘かったですし、なんとなく探りにいってる感じがあったので、そこは次回以降しっかり修正したいと思います。フォークボールは比較的いいポジションに落ちてくれたので、そこはよかったんじゃないかと思います。スライダーはあまり決まらなかったので、そこは次回以降かなと思っています」

よかったのか、悪かったのか、わからないままだ。

 

オープン戦が始まったばかりだからこんなもんだ、という識者の見方が大半なのだと思う。

 

「内容はともかくとして、緊張もしなかったし、楽しかったです」

試合後、大谷の第一声だ。

 

う~ん、取りあえず「顔見世」といったところでしょうか。

後はメジャーのマウンドに慣れていくことでしょうね。

 

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-スポーツ, 話題
-, , ,