【平昌五輪】「犬をより良く扱って!」銅メダルのオランダ選手・記者会見場で異例の訴え

 

21日行われた平昌五輪のスピードスケート男子団体追い抜きで、銅メダルを獲得したオランダのメンバーが試合後、記者会見場で犬肉を食す韓国の文化に異議を唱えた。

 

犬肉問題をめぐっては、米CNNテレビなど欧米メディアがこぞって批判しているほか、カナダの女性スケート選手が五輪の合間をぬって犬を保護するなど、国際的に脚光を浴びている。

 

 

韓国の英字紙「コリア・タイムズ」(電子版)によると、オランダのスケート選手、ヤン・ブロクハイゼン(28)は試合後の記者会見場で、

「この国(韓国)では犬をより良く扱ってほしい」

と強く訴えた。

 

 

韓国紙、中央日報(電子版)によれば、通訳が当初、「犬を食用にしないでください」と誤訳したこともあって、発言が一段と注目された。

 

コリア・タイムズ紙によると、ブロクハイゼンの発言後、韓国人のネットユーザーなどからは

「人種差別だ」

「他国の文化に無知」

といった声が上がった。

 

「国際オリンピック委員会(IOC)に報告すべきだ」

との声も出たという。

 

 

ブロクハイゼンは22日、自身のツイッターで

「韓国人に謝罪したい。あなたたちや国(韓国)を侮辱する意図はなかった」

と述べながらも、

「私は動物の幸福を大事にしたい」

と、改めて動物擁護の姿勢を打ち出した。

 

 

母国オランダでは、平昌五輪を取材する記者が自国選手に対し

「犬肉を使ったサンドイッチを贈る」

などと、冗談ともつかぬ発言をするほどこの問題は注目の的だ。

 

CNNも犬肉を食すことについて「五輪の陰で暴虐的な」慣習だと報じている。

 

 

一方、中央日報は、ブロクハイゼンら4人が五輪会場近くの祝勝会場で授与された記念品をファンに見せようとして投げた際、韓国人を負傷させたと報じた。

 

ファンが記念品を互いに手渡しして見ることができるよう、投げたわけだったが、記念品が重く、2人が負傷したという。

 

 

 



-スポーツ, 事件・事故, 海外, 話題
-, , ,