【平昌五輪】羽生結弦のカーリングチームが始動?「最高にキュートなオフショット」

 

平昌五輪フィギュアスケート男子シングルは羽生結弦(ANA)の劇的な大会連覇で幕を閉じた。

 

海外からも相次いで称賛の声が上がる偉業だった。

 

激闘を終えた羽生は束の間の休息を経て、25日に行われるエキシビジョンへ向けて練習を再開している。

その最中の様子を、盟友ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)が自身のインスタグラムで公開。

重圧から解放されリラックスムードの選手たちの様子が話題になっている。

 

「我々カーリングチームは2022年オリンピックに向け早くも準備中」。

ジーがこんな文面で写真と、動画をアップした。

 

 

カーリングのスキップに扮した羽生がペットボトルをストーンに見立ててショット。

ジーがシューズのエッジカバーを、カーリングブラシのように使い、ごしごしと“スイープ”。

当然、“ペットボトルストーン”は、思うように滑らないのだが、実に真剣な様子だ。

 

 

がっくりと膝をつきながら、笑顔を見せる羽生。

そしてはしゃぐジー。

中国の金博洋も、うれしそうな表情を浮かべながらこの輪に加わった。

写真には、韓国の新鋭で同じ、ブライアン・オーサーコーチに師事する16歳のチャ・ジュンファンが興味深そうに見つめる姿も写っている。

 

 



平昌五輪ではカーリング熱も沸騰中。

23日の夜には決勝進出をかけて、日韓戦が行われるなど、大きな盛り上がりを見せている。

選手の間でも話題となっているのだろう。

スケーター同士の仲の良さが伝わってくる、なんとも微笑ましい光景だ。

 

 

「一番大好きなカーリングチーム」「金メダル待ったなし」…その微笑ましい姿にファンも興奮

あの伝説のフリーから6日。

 

待望のオフショットに、ファンも興奮を隠せない様子で次々にコメントが書き込まれた。

「帽子が最高にキュート」

「一番大好きなカーリングチーム」

「底抜けに面白い映像だ」

「ユヅル、笑いが止まらないよ」

「金メダル待ったなし!」

「こんな微笑ましい映像がこれまでにあっただろうか」

 

もはやレジェンドの域に達した羽生だが、ひとたび勝負の舞台を離れればお茶目な“普通の23歳”。

 

それもまた魅力の一つなのだろう。

(THE ANSWER編集部)

 

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-スポーツ, 話題
-, ,