大分市職員を逮捕・下着盗みに庁舎女子更衣室に侵入

 

勤務先の大分市役所に侵入したとして、大分県警大分中央署は22日、建造物侵入容疑で、市下水道部職員の遠藤浩二容疑者(37)=同市顕徳町=を逮捕した。

 

 

同署によると容疑を認め、女性の下着を盗むためだったと供述しているという。

 

捕容疑は21日午後11時50分ごろ、大分市城崎町の市役所分館に、窃盗目的で侵入した疑い。

 

 

同署によると、防犯センサーの反応で異常を察知した警備員が、女性更衣室で下着数点を持った遠藤容疑者を発見。

通報を受け駆け付けた警察官が逮捕した。

 

窃盗容疑での立件も視野に調べている。

 

 

市によると、遠藤容疑者は2001年に採用され、下水道の設計工事を担当している。

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,