【平昌五輪】フィギュア界の女王メドベージェワが15歳の天才少女ザギトワに“宣戦”布告

 

21日行われた平昌五輪のフィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)で2位となった銀盤の女王、メドベージェワ(18)=OAR(ロシアからの五輪選手)=が、首位に立ったライバルのザギトワ(15)=OAR=との戦いを「戦争」にたとえ、対抗心を燃やしている。

 

 

世界が注目する女子の頂上決戦(フリー)は23日。

 

宣戦布告の行方はいかに-。

 

「どんな競争でもちょっとした戦争です」。

 

米スポーツ専門チャンネルESPN(電子版)によれば、SPで一度は世界歴代最高得点をたたき出したメドベージェワは21日、続いて演技し世界最高を塗り替えたザギトワとの戦いについて、こう表現した。

 

3歳しか離れていない2人はリンクを離れれば仲の良い親友同士。

「私たちは若い女の子で互いに何でも話します。しかし、リンクに上がればスポーツなので、私たちは戦うのです」。

 

メドベージェワはこう力を込める。

 

これに対し、ザギトワも

「ネガティブなものではないけど、練習でも本番でも(彼女に)ライバル心を持っています」

と対抗心を燃やす。

 

 

日本のアニメが好きで、温和な表情が特徴でもあるフィギュア界の女王・メドベージェワに対し、涼しげな表情を持ち、安定感抜群の演技を繰り出す天才少女・ザギトワ。

 

 

米紙ワシントン・ポスト(電子版)は20日、

「芸術性(のメドベージェワ)VSジャンプ(のザギトワ)」

との見出しの記事を掲載。

 

2人を次のように比較した。

 

メドベージェワに関し、

「彼女はアーティストであり、(会場に流れるショパンの)曲を指の先まで感じ取れる」

と、その豊かな感受性を称賛。安定感のある3回転ジャンプについても

「いとも簡単にこなす。しかも、片手を宙にあげたままだ」

と華麗な演技を褒めそやす。

 

 

一方、ザギトワについても

「バネでも付けたかのようなジャンプをする」

と天性の跳躍力に触れつつ、

「ジャンプ時には(メドベージェワの片手とは異なり)両手を挙げるのだ」

と驚きをもって伝える。

 

 

21日、4位に食い込んだた宮原知子、5位の坂本花織も出場する23日のフリー。

 

米ABCテレビ(電子版)は「ロシアのライバル同士が金メダルを制すのはほぼ間違いない」とまで断じ、大一番の行方を注視している。

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, , ,