【平昌五輪】カー娘・藤沢「やるっきゃない」「ラッキーなセミファイナル」

 

◆平昌五輪第13日 ▽カーリング女子1次リーグ

日本4―8スイス(21日、江陵カーリングセンター)

 

男女の1次リーグ最終戦が行われ、女子日本代表「LS北見」はスイスに4―8で敗れ、通算5勝4敗。

 

唯一、並ばれる可能性のあった米国がスウェーデンに敗れて4勝5敗となったため、男女を通じて日本勢初の4強入りを果たした。

 

23日の準決勝では初のメダルをかけ、1次リーグで7―5と破った韓国と対戦する。

男子の「SC軽井沢ク」は韓国に4―10で敗れ、4勝5敗の8位で敗退した。

 

敗戦の約15分後、取材対応エリアにいたLS北見に吉報が届いた。

隣のレーンで試合をしていた米国が敗れ、初の準決勝進出が決定。

 

だが、スキップ藤沢は

「自分たちで勝ち取ってない。ラッキーなセミファイナル」

と笑顔はない。

 

スイス戦でミスショットが重なったサード吉田知は目を真っ赤に腫らした。

「これ以上、悪いことはないと思う。(4強チームが)自分たちで良かったと思ってもらえるプレーをしたい」

と何度も目頭を押さえた。

 

勝てば自力での1次L突破が決まったが、第4Eにミスが重なりスイスに4点を奪われた。

そのまま第10Eを残してギブアップとなった。

 

チーム全員が北見市出身。

かつてはカーリングの町として栄えたが、スポンサーが少ないなどを理由に、有力選手は実業団のある青森や札幌へ移った。

 



カーリング熱が冷め始めた状況を見た本橋が、10年バンクーバー五輪後に

「地域に根付いたクラブチームをつくりたい」

と思い描き、LS北見を創設した。

 

当初はリンクがなく、選手もスポンサーもいなかった。

 

いつも温かかった地元の人から

「絶対に勝てない」と言われ、取り残された感覚に襲われたこともあった。

 

それでも選手集めに駆け回り、競技をやめるべきか悩んでいた鈴木や、才能豊かな吉田夕らを誘った14年ソチ五輪後には、所属チームから戦力外通告を受けた吉田知、中部電力で五輪出場権を逃した藤沢が集結した。

「キャッキャッして、部活みたいなところもある」と笑うが

「5色のカラーで一つのチームをつくりたい」

という信念が4強に導いた。

 

1次Lは連敗で終えたが、勝つことよりも「自分たちらしい試合」がチームのモットー。

 

藤沢は「やるっきゃない!」と気合を注入した。

 

23日の準決勝では1次Lで唯一、土をつけた韓国とメダルをかけて再戦する。

 

オールラウンダーであることを生かし“最強の控え”として快進撃を支える本橋は

「一人ずつ何をすべきか考え直して、アイス(試合の会場)に戻って来たい」

と引き締めた。

 

小さな田舎町から飛び出してきた5人娘の戦いは、まだ終わらない。

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-スポーツ, 話題
-, ,