【平昌五輪】小平奈緒は語学力も世界基準

 

平昌五輪スピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(相沢病院)は優勝後、かつて2年間武者修行で留学していたオランダメディアのインタビューにオランダ語で対応。

恩師との流暢な会話にファンから驚きの声も上がっていた。

 

 

小平のオランダ語はどの程度のレベルなのだろうか?

 

「きちんと質疑応答できていましたね。オランダに2年間住んだだけであそこまで話せるのは凄いですよ。オランダ語はドイツ語と英語の中間のようなイメージです。

日本人にとっては難しい言語の1つだと思います。小平さんのツイッターのオランダ語も間違いありません」

 

日本で生まれ、ロッテルダムで育ち、日本の新聞社の通信員として勤務していた男性はこう証言した。

 

オランダテレビ局「Nos」のインタビューで、小平の応対の素晴らしさを答えていた。

 

優勝後のリンク際でのインタビューで、レポーターは五輪金メダルに3度輝いた同国女子スピードスケートのレジェンドで、留学時に小平を指導したマリアンヌ・ティメルさんを紹介した。

 

小平は

「やったよ! 今日はバスでずっとね。“Liesje leerde Lotje lopen langs de lange Lindelaan”って考えてた。100回ぐらい考えてたの」

と手を振りながら、恩人に笑顔を振りまいた。

 

「あれは早口言葉。特に意味はないんです。僕も昔聞いたな、ぐらいのフレーズですが、小平さんはよく覚えていますね。驚きです」

 

 



小平はオランダ語の方言まで網羅、その語学力はサッカー元日本代表の小野伸二級

早口言葉すら流暢に操る小平の語学力。

 

恐るべきはオランダの標準語のみならず、“方言”も堪能だという。

 

「小平さんはオランダのフリースランド地方の言語であるフリース語も話せるようです。オランダの標準語とはまた違う言語なんですが、すごい語学力ですね」

 

オランダとドイツの北海沿岸地方特有の言語にも理解を示している。小平のオランダ語のレベルはかつてオランダで活躍したサッカー界の天才に通じるものがあるという。

 

「日本人選手でいえば、あれだけ話せるのは小野伸二選手ぐらいでしょう。小野選手は生まれ持った抜群のコミニケーション能力がありました。周囲ともしっかりコミュニケーションできていましたよ。

オランダでプレーした日本人選手はこれまでたくさんいましたが、他のサッカー選手ではあそこまで話せる選手はいないかもしれませんね」

 

 

元日本代表でJ1札幌でプレーする小野は2001年夏に浦和からフェイエノールトに移籍。

移籍1年目にUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)で優勝に貢献するなど大活躍した。

 

2006年1月に浦和に移籍するまでオランダで活躍した華麗な司令塔は流暢なオランダ語でも有名だった。

 

韓国語、中国語も話すという小平。

圧倒的なパフォーマンスのみならず、その卓越した語学力も世界基準を超越している。

(THE ANSWER編集部)

 

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-スポーツ, 話題
-, ,