千葉・印西 放火殺人「頭にきて暴行加え火をつけた」

 

千葉県印西市で起きた放火殺人事件で、逮捕された4人の一部が、被害者の女性に

「暴行を加え火をつけた」

と供述していることがわかりました。

 

55歳の被害者と若い容疑者4人の接点は何だったのでしょうか。

 

 

今月17日、千葉県印西市で住宅が全焼した火災。

焼け跡から見つかった遺体の身元は、DNA型鑑定の結果、ここに1人で暮らしていた海老原よし子さん(55)と判明しました。

 

「本当に気の毒で、かわいそうで。足の悪いのを知っていましたので、月に1回くらいは行っていました」(民生委員の男性)

 

数年前から足を悪くしていたという海老原さん。

 

司法解剖の結果、死因は焼死で、気道内にすすが付着していたことなどから、火災が発生した時には生きていたとみられるということです。

現場からは油の成分が検出されました。

 

 

警察は、殺人と放火の疑いで、金崎大雅容疑者(20)、仲内隼矢容疑者(20)、菅野弥久容疑者(20)と16歳の少女を逮捕。

 

4人の身柄は20日、検察庁に送られました。

警察は4人の認否を明らかにしていませんが、捜査関係者への取材で4人の一部が

「頭にきて海老原さんを殴ったり蹴ったりして暴行を加え、火を付けた」

と供述していることが新たにわかりました。

 

 

20歳と16歳という若い容疑者たちと55歳の海老原さんを結びつけたものは何だったのでしょうか。

 

「焼けた家は黒い骨組みが見え、近づくといまだに焦げたにおいがします。こちらの現場では、事件の前から容疑者の4人が海老原さんの自宅に出入りしていたということです」(記者)

 

捜査関係者によりますと、4人が海老原さんの家に出入りしていたのは、少なくとも事件の1、2週間前から。

寝泊まりすることもあったとみられています。

 

 

「私が知っていたのは、2週間前からだけど、ここのところ頻繁に車が止まっていました」(近所の女性)

 

4人はなぜ、海老原さんの家に出入りするようになったのでしょうか。

菅野容疑者の知人女性は今月上旬、こんな話を聞いたと証言します。

 

「何か『金づるができた』と言っていて、『(その人が)足が悪い』みたいな話をしていた。どういう関係なのって聞いたら、教えてもらえなかった」(菅野容疑者の知人女性)

 

4人の中でも以前から海老原さんと面識があったという菅野容疑者。

「金づるができた」と話す一方で、元交際相手には「2万円を貸してほしい」と頼んでいたといいます。

 

「(今月会った際)お金がないから助けてと。1週間くらい、ご飯を食べていないと言われた。車の中で寝ていると聞きました」(菅野容疑者の元交際相手)

 

 

車の中で寝泊まりし、共同生活をしていたという4人の容疑者。

警察も4人が金に困っていたという情報を把握していて、海老原さんとの間に金銭トラブルがなかったか、調べを進めています。

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,