「殺すぞ」暴言市長退任 退職金3割減の案が理由か

 

新聞記者に「殺すぞ」と発言した兵庫県西宮市の今村岳司市長による退任願が20日午前に議会で認められました。

午前11時すぎ、西宮市議会の本会議で今村市長の退任が全会一致で認められました。

 

今村市長は先月、取材をしようとした記者に「殺すぞ」と発言し、その後、謝罪文を提出。19日に退任を申し出ていました。

市議会が市長の退職金を3割、削減する議案を本会議に提出しようとしたことが理由とみられます。

 

今村市長は20日の本会議を体調不良を理由に欠席し、本人不在のまま退任願が認められました。

 

兵庫・西宮市議会、田中正剛議長:

「(市長の出席が)最後になる可能性が高いので、少し残念な気持ちです」

 

今村市長は今後、辞職の理由を説明する会見は開かないということで、4月に予定されていた市長選は前倒しになります。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , , ,