【平昌五輪】江頭2:50 五輪会場へ、北朝鮮「美女応援団」近くに?

 

お笑いタレントの江頭2:50さん(52)が平昌冬期五輪の会場へ応援に駆け付けていたと、ツイッターで話題になっている。

 

「北朝鮮美女応援団の近くでポーズをとる江頭2:50」――。

 

そんな一文とともに、江頭さんとされる写真と動画が拡散した。

はたして本人なのか。

所属事務所の担当者はJ-CASTニュースの取材に

「先週、会場へ行っていたようです」

と明かした。

 

 

過去の五輪会場にも登場

江頭さんが五輪を現地で観戦するのは、もはやファンの間ですっかりおなじみとなっている。

 

2008年の北京夏季五輪で金色の全身タイツ、12年のロンドン夏季五輪で「エガソック」と題するコスチュームを着用し、女子レスリングの試合会場で応援。

客席にいる姿がテレビ中継に映りこみ、話題をさらった。

 

江頭さんはさらに16年のリオデジャネイロ夏季五輪でもレスリングの会場に登場。

黄金のコスチュームに日の丸の鉢巻きと派手な出で立ちでエールを送った。

 

 

そんな江頭さんが平昌冬期五輪の会場にも登場した――。

ツイッターでここ数日、そうしたウワサが飛び交っている。

 

きっかけは18年2月16日、一般のネットユーザーが

「北朝鮮美女応援団の近くでポーズをとる江頭2:50」

とツイッターに投稿し、江頭さんだとする写真と動画を公開したことだ。

 

動画の中では、たしかに赤い上下のジャージー姿に紅白の帽子を被った「美女応援団」らしき一団が客席に座っている。

上下黒の江頭さんらしき男性はその2列前方で、観客の写真撮影に応じていた。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


 

投稿者のツイートは「リツイート」9600件、「いいね」1万6000件(2月19日夕現在)と拡散しており、リプライ(返信)欄には

「エガちゃんったらww」

「この人最高だよ」

「行ってたんだ...」

 

との声や、

「(一団の女性が)笑いをこらえてますね」
「どうか北の偉い人が気付きませんように」
「粛正されない事を祈るしかない」

との声が寄せられている。

 

事務所「個人的に行ったようです」

はたして本当に江頭さんは平昌五輪の会場へ行ったのか。

 

所属事務所の担当者は、2月19日のJ-CASTニュースの取材に

「先週の3、4日、お休みがあったので個人的に行ったようです」

と明かした。

「今はもう(現地に)いません」という。

 

 

事務所も江頭さんから詳しい経緯を聞いていない。

そのため本人が現地で何をしていたかなどは「分かりかねる」そうだ。

 

ただ担当者によると、江頭さんはこれまで同事務所のお笑い芸人「寺田体育の日」さんと個人的に都合の合う日程で現地観戦に行っており、今回もそうなのではないかという。

 

江頭さんが現地観戦を繰り返す理由については、

「応援したいという一心ではないか」

と話していた。

 

 

 

-エンタメ, スポーツ, 話題
-, , , ,