【平昌五輪】カーリング女子「パニックに」!!

 

◇平昌冬季五輪 カーリング女子1次リーグ

日本3―8カナダ(2018年2月19日)

 

平昌五輪のカーリング女子は19日、1次リーグが行われ、世界ランク6位の日本(LS北見)は同1位のカナダに3―8で敗れ、通算4勝2敗となった。

序盤は1点ずつ取り合う展開だったが、1―2の第5エンドにスキップ藤沢五月の最終投がミスとなり、4点のスチールを許してしまう苦しい展開。

第7エンド終了時点で3―8と5点差となったところで、日本はギブアップを宣言した。

 

主将の本橋麻里は「しっかり負けを腹に落とすことが大事」と切り替えを強調。

 



18日に運営側がストーンを削った影響について、セカンドの鈴木夕湖は

「なかなか決めきれなかった。コミュニケーションを取ってうまく修正できれば良かったけど、みんなパニックになってしまった。アジャストしきれないところがあった」

と語った。

 

サードの吉田知那美も

「石を削って曲がるようになったことに対して身構えすぎたところがあった。考えすぎて全部できなかった」

と完敗に無念さをにじませた。

 

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-スポーツ, 話題
-, ,