【平昌五輪】小平奈緒・亡き友 住吉都さんへの思い語る「本人の前で金を報告したかった…」

 

スピードスケート女子500メートルで日本女子初の金メダルを獲得した小平奈緒(31)=相沢病院=が19日、平昌のジャパンハウスで一夜明け会見を行った。

1月に亡くなった大学時代の同級生で、ソチ五輪でともに戦った住吉都さんへの思いも語った。

 

レース前も

「正直、彼女のことは何度も何度も思い出すことが多くて、やっぱり忘れられない、考えないようにしていても、常に頭に浮かんでしまっていた」

と、告白した。

 

それでも最後に気持ちがレースに集中できたのは、関係者から、生前に住吉さんが話していた言葉を聞いたから。

 

「生前、『奈緒が金メダルを取ったら、私が取ったのと同じだと思う』と話していたと聞いて、救われたような気持ちだった」。

 

小平と住吉さんは信州大での4年間、切磋琢磨して、お互いに成長してきた。

 

小平は日本選手団の結団式後に取材に応じた際



「大学4年間、一緒にやってきた。1番近くで一緒にやってきた仲間がこういった形になってしまい、私自身信じられない思いがあります」

と、涙。

 

「本当に信州大の入試の時から思いきりがよくて、私なんかは『落ちたら人生が決まっちゃう』って緊張してたけど、『やるしかない』って、住吉は言ってました。お互いに入学できて、1番近くで高め合いながら、スケートを極めてこれた」

と、語っていた。

 

結団式の前日に、小平は結城コーチとともに、住吉さんに最後のお別れをしてきた。

その際に住吉さんの家族から『都の分までスケートを頑張って』と、伝えられていた。

 

一緒に戦ってきた時代があったから、今の自分があるといえる。

「こうして金メダルを取れて、本当は本人の前で金メダル取ったよと報告したかったけど、それができないのは本当に残念」。

 

こみ上げる思いを抑えながら、思いを語った。

 

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-スポーツ, 話題
-, ,