イモトアヤコ、クレバスに落ちていた「落ちた。ヤバイ」

 

タレントのイモトアヤコ(32)が18日放送の日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ! 登山部 南極大陸最高峰への挑戦3時間SP」(日曜・後7時)に出演し、登山トレーニング中に数百メートルはあると思われるクレバス(深い割れ目)に落ちていたことが判明。

 

番組でその時の様子が放送された。

イモトは南極大陸最高峰ヴィンソン・マシフ頂に挑むのに備え、南極に近い環境下スイスのツェルマットで3泊4日の山ごもり合宿を決行した。

-22度の中で行われた合宿2日目、斜面を利用したクレバスの落下訓練を終えテント場に戻る途中、先行するガイドが雪に隠されたクレバスを発見。

 

それと飛び越えようとしたイモトがまさかの落下。

 

前後のカメラマンにつながれたロープで命は助かった。

ガイド、スタッフらに引き上げられる映像が流され、イモトは

「落ちた。ヤバイ。多分(クレバスの深さは)何百メートル。(合宿中に経験出来たから)いい合宿かも」

とコメントした。

ヴィンソン・マシフ登頂に同行するイッテQ登山部顧問の貫田宗男さん(66)は

「怖さを知るところから山登りは始まる。知らない人はクレバスっていっても、氷河の上いっても平気で歩き回る。ロープはなぜ付けなきゃいけないかっていうのはなかなか理解できない。かなり学んだことが大きいと思う」

と話した。

 

 



-エンタメ, スポーツ, 話題
-, ,