【平昌五輪】とにかく明るいカー娘が話題

 

平昌五輪のカーリング女子で、ここまで4勝1敗と初のメダル獲得に向けて好調な日本代表・LS北見が、その明るさと試合中の北海道なまりの会話で話題となっている。

15日に行われた韓国戦では、韓国の1投ごとに歓声が沸き上がり、合間には「テーハミング!(大韓民国)」のコールがこだまする完全アウェーの中、序盤から苦しい展開を強いられた。

 

しかし、当の本人たちはどこまでもポジティブだった。

 

藤沢が

「応援がなんとなく『ニッポン』って聞こえたんですけど、気のせいですかね」

と笑えば、サードの吉田知も

「失敗してイエ~イってやられるのもあまりないし、すがすがしかった。もう絶対ミスしないって思えた」

と、笑いとばした。

笑顔を絶やさなかった選手たちは、不利な先行で迎えた第9エンドで逆転。

世界ランク1位カナダを撃破し、波に乗っていた韓国を退け、日本カーリング界初のメダルへ爆進中だ。
銀盤で輝くカー娘たちに視聴者は釘付けとなっている。

 

カーリングでは選手たちの会話がマイクで拾われており、試合中の何気ない会話も聞くことができる。

 

吉田知那美・夕梨花姉妹らが会話の中で使う北海道弁の

「そだねー(そうだね)」

は、耳に残り、試合中はネットなど急上昇ワードに浮上してくる。

またカーリングでは5エンド終わりに、休憩時間があり、選手たちはその間に間食をとるが、その「おやつタイム」も話題になっている。



16日夜のOAR戦で中継したNHKは、おやつタイム中にフィギュアスケートの羽生選手のインタビューを流し、おやつタイムはカット。

 

これに視聴者は激怒し、

「おやつタイムをカットしたNHKゆるさんぞ」、

「もぐもぐタイムを返せ!」、

「羽生さんのインタビューは明日でも見れる。おやつタイムは今しかないんだ」

など怒りの声が上がった。

 

その後、NHKはツイッターで、おやつタイム中の動画を無料配信した。

ちなみおやつはバナナと焼き菓子だった。

カーリング女子は18日にカナダ、スウェーデンとの2連戦。

 

明るく楽しくメダルへ突き進むカー娘から目が離せない。

 


 

観てても楽しいです。

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-スポーツ, 話題
-, ,