「女性専用車両」に意図的に乗り込む暴挙

 

以前から女性専用車両に対しては、性差別だと騒いでいる人たちがいます。

 

当ブログでも女性専用車両について意見を書いたところ、非常に粘着質な異様なコメントが来ていました。

この女性専用車両に反対する人たちは、かなり特殊なようで、今度は実力阻止の行動に出たようです。

「女性専用車に男性3人居座り メトロ千代田線遅れる」(朝日新聞2018年2月16日)
「東京メトロによると、女性客から「専用車に男性がいる」と申告があり、駅員らが乗っていた男性3人に降りるように説得したが応じなかった。列車はしばらく停車後、男性を乗せたまま出発。男性は3駅先の表参道駅で降りたという。」

 

ここまでやるだろうとかという実力行使です。

 

私は、この女性専用車両の設置自体が不合理な差別だとは思いません。

痴漢など強制わいせつの被害に遭い続け、全く有効な防止策がない中で、やむにやまれぬものであることは誰でもわかることです。

 

 

男女別にすればいい、などというのも暴論で、列車の1つの編成の中で、男女比で分けるなどということが現実に困難なのは常識でわかります。

女性専用車両は、1車両であればということで実施されているものです。

これが1両では満員になってしまって2両、3両と増えていくことも仕方ないところです。

 

 

それだけ多くの性被害に遭ってきたということの現実を考えれば、導入が遅すぎたくらいです。

こうした女性専用車両への無理解というより敵意を示す人たちがいるということになれば、こういった人たちを排除しうるための法整備も必要になってきてしまいます。

 

双方の理解の中でやってきたものに対して、力で壊そうとすることに対しては、許されるものではありません。

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, , ,