絞首刑にされた「ミイラ」公開・エジプト

 

エジプト首都カイロの考古学博物館(Egyptian Museum)で、古代エジプトのファラオ(王)暗殺を企てた後、絞首刑に処されたとされる王子の「叫ぶミイラ(Screaming Mummy)」が展示された。

苦悶の末に死を迎えた男性のものとみられ、「正体不明の男E」と名付けられていたこのミイラは、通常は一般公開されていない。

同国考古学省が発表したDNA鑑定の結果によると、このミイラは紀元前1186年から同1155年まで王座にあったラムセス3世(Ramses III)の息子、ペンタウアー(Pentawere)王子のもの。

ミイラには絞首刑に処され、古代エジプトで不浄とされた羊皮に包まれていた痕跡がある。

古代のパピルスに残された記録によると、ペンタウアー王子は自身の母でラムセス3世の2番目の妻だったティイ(Tiye)と共に、王の殺害を計画。

 

その罪で絞首刑を言い渡された。

ラムセス3世がこの暗殺計画で死亡したのかは明らかになっていないが、王のミイラには喉を刺されたと思われる痕跡があった。

 

 

 



-事件・事故, 海外, 話題
-, ,