松本人志・吉本内での「過剰な殿様扱い」の実態!

 

近年、“芸能界のご意見番”になりつつあるダウンタウン・松本人志。

 

その発言が、ネット上で批判対象になることもしばしばあるが、所属の吉本興業は、こうした世論に神経を尖らせているようだ。

 

「松本は情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)にレギュラー出演しており、そこで発言した内容がネットニュースに取り上げられる機会も多い。

最近だと昨年12月、元横綱・日馬富士の暴力事件を取り上げた際、松本が『(相撲は)人を張り倒して投げ倒す世界。その世界で、土俵以外のところで一切暴力ダメというのは、僕は正直無理があると思う』との見解を示したことで、物議を醸しました」(芸能ライター)

 

 

ネットユーザーからは、

「格闘技の世界に身をおいているからこそ、プライベートで暴力を振るうのはダメだろ」

「相手が大けがしているのに、暴力した側をかばうなんて信じられない」

といった声のほか、

「文化人気取りで偉そうなコメントをするところが嫌い」

「専門外のことを話すと、ズレた意見ばかり」

との指摘も寄せられた。

 

 

「吉本にとって、松本はいまや大御所中の大御所。松本に関するマスコミ報道だけでなく、こうしたネットの批判的なコメントにさえピリついている感じです。



本人より、社員の方が世間の反応に神経質になっている印象もあります。松本のご意見番ぶりに拍車がかかっているのは、社員が過剰に“殿様扱い”をしているのが大きな原因ではないかと、業界内ではささやかれています」(テレビ局関係者)

 

 

例えば、松本が吉本本社に立ち寄るだけでも、社員にとっては一大事となっているそうだ。

 

「松本が事務所に顔を出すこと自体珍しいのですが、年に数回は来社の機会があります。その日は早くから社内みんなが浮き足立ち、いざ本人が到着すると、まず10人以上の社員が玄関前に出向き、ほぼ総出で“お出迎え”。

ちなみに、相方の浜田雅功に同様の対応を取ろうとすると、『そういうのマジでやめて』と、固辞されてしまうそうです」(吉本関係者)

 

 

松本自ら“特別扱い”を希望しているのではなく、あくまでも社員が勝手にやっているだけのようだが、松本の来社に対しては、社内全体が“歓迎ムード”というわけではないとのこと。

 

「松本の来社の話が聞こえてくると『もしかして、また映画でも作る気なんじゃ……』と全体的にザワつきが起こります。これまでに4作の監督作品が公開されましたが、どれも大コケだったので、松本が来るってだけで不穏な空気になってしまうんです」(別の吉本関係者)

 

 

事務所内での“裸の王様”ぶりに、松本自身は気づいているのだろうか。

 

 

 

-エンタメ, ゴシップ, 話題
-, , ,