【平昌五輪】五輪2連覇・羽生結弦への韓国人の複雑な本音

 

男子フィギュアスケートの羽生結弦選手がショートプログラムとフリーの合計点で317.85を記録し、ソチ冬季オリンピックに続いて夢の2連覇を成し遂げた!

 

「あなたはアジアの自尊心」

オリンピックの男子フィギュアスケートにおいて、2大会連続金メダルは66年ぶりの快挙。

 

韓国のインターネットでも、

「鳥肌が立った」、

「本当におめでとう~」、

「66年ぶりのフィギュア2連覇、おめでとうございます。あなたはアジアの自尊心」、

「羽生、膝、足首、関節の負傷もあって3週間ぶりに始めたのにすごい」、

「オリンピック2連続金メダルすごい、羽生おめでとう」

と連覇を祝うメッセージなどが次々と書き込まれた。

 

 

メディアは、

「フィギュア王子日本の羽生・金メダル 66年ぶりにオリンピック2連覇」(KBSニュース)と2連覇をストレートに讃えるものや

「プーマニア羽生 激情的な演技」(スポーツ京郷)、

「66年ぶりにオリンピック2連覇 プーのぬいぐるみは平昌へ寄付」(スポーツ韓国)

と羽生選手が好きなディズニーキャラクター“くまのプーさん”に触れたものも目立った。

 

韓国でも「フィギュアの王子」「氷上の王子」などと呼ばれ、韓国の人気俳優、イジュンギやユン・シユンにも似ていると囁かれる羽生選手。

ファンのコア層は30~40代の女性に多い。

 

熱烈な羽生ファンの30代後半の韓国人の知り合いは、平昌オリンピックが始まると、

「痛めた足が大丈夫なのか、姿を見るまでは心配で、心配で、最近眠れない」

とこぼしていたので、さっそく電話してみると、

 

「もう、完璧。とにかくケガしないようにと祈っていたけど、本当にすごい。あー、もう泣けるー」

と涙声。

 

しばらくは言葉が出なかった韓国の解説者

韓国のテレビ(SBS)解説者は、羽生選手の演技が終了すると、しばらくは言葉が出なかった。

 

ようやく、「よくやりました」とゆっくりと解説を始めると、その後は演技ひとつひとつを振り返りながら、途切れ途切れに賛辞が続き、

「ものすごいジャンプ」、

「まるで宙に浮いているような長い対空時間」

とため息を漏らしていた。

 

 

正直なところ、韓国では、今回の平昌オリンピックでのフィギュアスケートへの関心は女子も男子もさほど高くなかった。

「国民の妹」と呼ばれたバンクーバー五輪の金メダリスト・金妍児(キム・ヨナ)選手が引退した後は目立った選手がいないため、どちらかというと、メダルに近いスピードスケートなどに注目が集まっていたからだ。

 

 

「『君が代』は聞きたくない」

そんな雰囲気が変わったのは、昨日16日に行われたショートプログラムから。

 

この後、韓国の検索サイトでは羽生選手の名前はぐんぐん上位に上っていった。

 

50代後半の会社員もショートプログラムで初めて羽生選手の存在を知ったそうで、

「旧正月で親戚が集っていた席でひとりが羽生選手のファンで、たまたまショートプログラムを見ました。羽生選手については名前が聞いたことがある程度でしたが、ここまでうまいとは……。金妍児選手を彷彿とさせる滑らかな演技で、驚きました。同じアジアの選手から金メダルが出て、素直にうれしいですよ」

と話していた。

 

 

ネットでの書き込みを見ると、反応は複雑だ。

「実力もあってイケメン。フィギュア男子は関心なかったけど、羽生選手には惹かれた」、

「昨シーズンから応援しています。本当に優雅」

などと好意的な声が上がる一方、

 

「羽生選手、怪我しないように。でも、『君が代』は聞きたくないから、(3位になったスペインの)フェルナンデスに勝ってほしかった」、

「転ばなかったけど本当に圧倒的か?」

などという声が聞かれた。

 

 

ただ、反発する声に対しては

「日本への被害意識や劣等感から抜けだそう」、

「レベルが違う選手のよう。認めるべきものは認めて、私たちの(チャ)ジュンファンも4年後にはこう育てよう」

と諌めるような書き込みもあった。

 

今回韓国から唯一出場したチャ・ジュンファン選手は、羽生選手と同じブライアン・オーサーコーチの指導を受けていて、総合得点「248.95」の15位に終わっている。

 

「金妍児から羽生まで オーサーコーチ3連続オリンピック金合作」(聯合ニュース)、

「羽生、チャ・ジュンファン、金妍児は共にブライアンの作品」(スポーツ韓国)

といった報道も。

 

功績やその幸せを認めながらも……

また、宇野昌磨選手が銀メダルに輝いたことには、

「正直羨ましい。私たちも早く金妍児選手の後に続く選手が出るといいのに」や

「宇野よりネイサン・チャンがメダルを逃したのが惜しい」

という書き込みも見られた。

 

 

全国紙の記者に訊くと、

「日本が金妍児選手を見ていた視線と似ているんじゃない? 『腹が痛い』というか、すごい、おめでとうと思いつつ、嫉妬も混じるというか」

と苦笑まじり。

 

韓国語で「腹が痛い」というのは、功績やその幸せを認めながらも素直に喜べない、ややこしい感情のこと。

 

それだけ、偉業を成し遂げたということ。

 

羽生選手、2連覇おめでとう!

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, , ,