確定申告の受け付け開始・税務署職員に「トップは書類隠してたでしょ」

 

2017年分の所得税の確定申告の受け付けが16日、全国の税務署で始まった。

 

国税庁で徴税事務のトップに立つ佐川宣寿長官(60)が、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題を巡る国会答弁で批判を浴びており、影響が懸念されている。

 

「おたくのトップは書類を隠してたでしょ」。

 

東京都内の税務署職員は今月、税務調査に訪れた企業の社長に領収書の提出を求めた際、こう難色を示された。

 

領収書なしでは経費と認められないと説得し、理解を得たが、この職員は

「納税者からの風当たりは厳しい」

と明かす。

 


【もしもアフィリエイト】ってなに?


 

佐川長官は、財務省理財局長だった昨年2~6月、約8億円値引きした森友学園への国有地売却を「適切」と答弁。

 

交渉記録についても「廃棄した」と説明した。

 

ところが、昨年7月の国税庁長官就任後、会計検査院が、売却額の算定に疑問を示し、財務省も今月9日、森友問題に関する新たな内部文書20件を公表。

 

野党は、文書は長官が「廃棄した」とする「交渉記録」にあたり、長官の国会答弁を「虚偽だった」として証人喚問を求めている。

 

税務署職員はやりにくいね・・・・

 

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, ,