サンド伊達、震災義援金4億円の一部報道に「残念」

 

お笑いコンビ、サンドウィッチマンの伊達みきお(43)が、東日本大震災義援金活動に関する一部報道について補足説明した。

 

宮城県出身の同コンビは、東日本大震災復興支援を続けている。

 

震災直後に義援金口座「東北魂義援金」を開設し、現在までに4億円を超す義援金を被災地に届けている。

 

その活動を複数のメディアが取り上げているが、伊達は一部ネットニュースの報じ方について

「ニュースの書き方を見ると、我々二人で全てを寄付したみたいな捉え方をされてしまいそうな書き方が多いのが残念です。(だいたい、そんな稼ぎありませんし…)」

と、14日のブログで言及した。

 

 

約4億円の義援金について

「勿論、我々自身も含めですが、単独ライブのグッズ売上等も東北魂義援金に入れています。しかし、全国の皆様から数万件の東北魂義援金口座への振り込みや募金箱の持ち込み、街頭募金活動で集まった金額等…とにかく、大勢の心優しい方々からの善意の累計なんです」

と説明。

 

さらに

「芸能界の大先輩やプロ野球選手、芸人の先輩からは手渡しで札束を託され驚いた事もありました。全部全部含まれているのです」

という。

 

 

伊達はそうした全国の支援者への感謝をつづるとともに

「記事の捉え方によっては、僕らを信用して大事なお金を託して下さった方々に失礼で申し訳ない感じもしたので、訂正と言うか補足させて頂きました」

とした。

 

ますます、サンド・・・好きになりました。

 

 

 



-いい話, エンタメ, 話題
-, , ,