【平昌五輪】伊藤有希に真っ赤なメダルを

 

真っ赤なウエアの伊藤有希は、テレビカメラを横切って、真っ先に高梨沙羅を抱きしめた。

 

「おめでと――」の歓喜の声が雪上にこだまする。

 

悲願のメダルを決めて感極まる2歳下の好敵手の顔にほおを寄せ、一緒に泣いた。

この不意を突く光景に、私は胸が熱くなった。

白銀にそこだけ赤い花が咲いたような、美しいシーンだった。

伊藤だってほんの2時間前までは、首にメダルをかけた輝ける自分の姿を思い描いていたに違いないのだ。

 

昨季はW杯で5勝を挙げて、高梨に続く総合2位。

日本の2枚看板としてメダルを期待されていた。

しかし、この夜、神は彼女にだけ意地悪だった。

ジャンプは2回とも不運な追い風に妨げられた。

ソチ大会の7位を下回る、まさかの9位に沈んだ。
 

華やかな裏側で、五輪は時に冷酷な一面をのぞかせる。

運もスポーツ、敗北もスポーツ。

そう理解はしていても、簡単に甘受できるものではない。

なにしろ、辛い練習に、時に涙も流し、4年も耐えてきたのだ。

 

会場には約50人の地元下川町の応援団もいた。

 

「支えてくれた人たちが喜ぶ顔が見たかったのに、残念」

という伊藤の深い絶望は想像すらできない。
 

それでも彼女は取り乱さず、不運を恨むことも、腐りもしなかった。

心の中で号泣しながら、しかし、その無念を自分の胸にしまい、ライバルを祝福するために駆けだしたのだ。

 

きっと彼女は長い時間をかけて、競技力とともに、人間力も磨いてきたのだろう。

そして、そんな素晴らしい好敵手に出会えたから、高梨も成長できたのだと思う。
 

インタビューで伊藤は

「4年前、すごく苦しい思いをしたのを見てきたので、よかったと思った」

と、高梨を抱きしめた理由を語り、自分も同じように苦しい思いをしていたことは口にしなかった。

 

謙虚、忍耐、そして敬愛、2人の抱擁にスポーツの神髄が見えた。

 

五輪は勝者だけのものではないのだ。

これも伝えるべきオリンピック。

 

そして、伊藤に真っ赤なメダルを。

【首藤正徳】

 

 

  • 伊藤さん、本当に感激しました。伊藤さんも高梨なんもさんもまだまだ若い。また4年後を目指して、二人で切磋琢磨していってください。
  • 沙羅ちゃんのメダル以上に有希ちゃんに日本人の心と誇りを感じた人は多かったと思う。有希ちゃんこそオリンピックの花でした。
  • 若いのにも関わらず、伊藤有希選手の人間力って素晴らしい。
    自分も悔しい筈なのに、直ぐに駆け寄って行って抱き寄せたあの姿。
    二人はライバルながら、戦友の様な関係なのですね
  • 伊藤さんのコメントって心の暖かさがあって苦労を共にしてきた仲間の健闘をたたえる姿は、本当のアスリートの姿を見せてもらった。
    これからも応援します!
  • 今回は不本意な結果で凄く悔しかったと思うけど、ライバルの高梨を笑顔で祝福してる姿とか中々出来ないよね。まだ若いし、次目指して頑張ってね。
  • テレビを見てたけど、自分の事の様に嬉しい涙してた。流石に一緒に切磋琢磨してきた仲間のメダルに涙したのだろう。二人が羨ましいです
  • ソチの男子個人ラージヒルで葛西くんが2本目を飛んだあとにチームのメンバーが駆け寄ってきたシーンに重なるねぇ
    冬の五輪は北海道の選手が多いんだけど僭越ながら我が地元!
    こういう人間性(性格)の人たちが多いのもわかる気がするね、皆さんいいコメントありがとう、嬉しいな♪
    これからも応援してあげてね~
  • 沙羅ちゃんんジャンプで涙。その後の有希ちゃんの対応で更に涙。
    沙羅ちゃんのプレッシャーが半端じゃない事、一緒に競技していた有希ちゃんは一番良く知っていたと思う。
    そこで沙羅ちゃんがメダルを確定した瞬間に駆け寄るあの態度には心打たれるものがあった。
    次回の北京では、2人揃って表彰台に上がる事夢見てます。
    近くにライバルが居るのと居ないのでは全くモチベーションが違うので、二人で切磋琢磨して日本女子のジャンプ陣をリードして行ってほしい。沙羅ちゃんに感動し有希ちゃんにまた感動でした。
  • アンケートでお嫁さんにしたい人NO1になるかもね
    競技後のインタビューで流した悔し涙
    あれほど美しい涙 初めて見ました
    伊藤さん 立派なトップ10ですよ
    胸を張って帰国して下さい
  • 絶対女王となった妹のような高梨選手と常に比較されて、
    自分の成績が安定しない時も、
    インタビューではいつも一番大きな声と、一番の笑顔だった。
    その裏で想像できない位積み重ねてきただろう努力が、
    昨シーズンようやく報われかけたと思っていたのに。
    それでも彼女は自分の言葉と涙を、
    自分のためじゃなくて、
    同じ空を飛び続けてきたライバルのために使った。
  • 悔しい思いをしたのは注目された選手だけではない、ということを、当たり前のことなのに忘れてしまっていた自分が恥ずかしい。
    二人の抱擁シーンは本当にそこだけ花が咲いたように綺麗でした。
  • 4年間自分だって人生の全てをかけて五輪にかけてきた。相手を讃えることが難しい事は容易に想像できる。それがライバルならなおさら。
    それでも彼女は言い訳ひとつせずにライバルを讃えた。
    これがスポーツマンシップだと思うし、2人の関係性も凄く良く伝わりました。
    久しぶりに良い記事に触れた気がします。
    このような舞台裏を普段知る事が難しい人たちに伝えていって欲しいと思いました。
    高梨選手銅メダルおめでとう!

 

素晴らしい記事です。

 

 



-スポーツ, 話題
-, , ,