【平昌五輪】「どこの惑星から」平野歩夢まるでスーパーサイヤ人

 

“戦闘力”は極限まで高まっている。9日に開幕する平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)のスノーボード男子ハーフパイプ代表の平野歩夢(19=木下グループ)が6日、韓国入り。

スーパーサイヤ人のような髪形に“変身”したソチ五輪銀メダリストは、スノーボードでは日本勢初となる金メダルへの自信を示した。

 

4年間の修業の成果を示し、最強の戦士となる。

 

◇       ◇

 

強者たちとの決戦の地・韓国に降り立った平野は、毛先がまとまって、四方八方に逆立った新髪形で現れた。

「いつも通りです」と淡々と話したが、その姿とみなぎる自信は覚醒したスーパーサイヤ人のよう。

 

1月のXゲームでは「フロントダブルコーク1440」「キャブダブルコーク1440」と4回転を連続で決めるという“超必殺技”を世界で初めて成功させた。

現地の実況から「どこの惑星から来たんだ」と称された男の“戦闘力”は果てしなく高まっているようだ。

 

演技は究極の“形態”に突入しているからこそ、不安もある。会場は氷点下10度を超える寒さ。

パイプは氷の壁となる。

昨年3月には左膝靱帯(じんたい)を損傷しているだけに「硬いとけがのリスクも高くなる」と懸念し、「パイプをいい形で抜けられないとリップ(縁)で跳べない」と話した。

 

それでも条件は同じとし、頂点へ向け「高い位置を目指す中で、自分らしい滑りができればいい」と引き締めた。

 

五輪2度の金、1月のW杯でも100点満点を出したショーン・ホワイト(米国)ら猛者を自信を持って迎え撃つ。

 

4年前のソチでは銀メダル。

大会直前に右足首を捻挫し、「キャブダブルコーク1440」に挑戦できなかった。

 

その技を決めたユーリ・ポドラドチコフ(スイス)が優勝。

15歳2カ月でのメダルは冬季五輪の日本最年少記録だったが、悔いも残った。腹筋に重点を置き、本格的な筋力トレーニングに着手。強い衝撃にも耐えられるパワーを手にするなど進化した。

 

4年に1度の金のメダルを巡る物語。

「やれることはやってきた」と力を込めた。

最強の存在と証明する時が来た。

【上田悠太】

 

 

◆スーパーサイヤ人

鳥山明原作の漫画「ドラゴンボール」シリーズに登場する主人公、孫悟空ら戦闘民族サイヤ人が、戦闘力を上げるために変身した状態。

同作は漫画単行本が世界累計2億5000万部以上、アニメが世界80カ国以上で放送と世界的人気を誇る。

 

 

<ピョンチャン五輪:スノーボード>

◇13日◇男子ハーフパイプ予選

予選が行われ日本勢は4人が出場。

平野歩夢(19=木下グループ)、片山来夢(22=バートン)、戸塚優斗(16=ヨネックス)の3人が決勝進出を決めた。ソチ銅の平岡卓(22=バートン)は決勝進出を逃した。

平野は1回目に87・50の高得点をマークし4位に付けると2回目で95・25を出し3位で予選を通過した。

片山は1回目に85・50、2回目に90・75を出し5位で決勝進出。

戸塚は1回目に80・00をマークし10位で決勝進出。
平岡は1回目に26・00、2回目に75・75を出したが13位。予選通過の12位にあと一歩及ばず決勝進出を逃した。
予選1位はV候補のショーン・ホワイト(米国)。2回目に驚異の98・50をマークした。
自身の演技の後、ホワイトが叩き出した98点超えのハイスコアを見ても、少しも表情は変わらなかった。

 

「当然、98点は出る滑りをしていた。それなりの点数なのかなと。出ると思いましたよ。98点ぐらい」。

 

平野も含めて上位3人は、決勝に向けてそれぞれ技を温存しながらの戦い。

平野は先日のXゲームで史上初めて成功させた4回転の連続技を披露しなかった。

決勝では史上空前のハイレベルな争いが繰り広げられることになる。

 

「ここまで結構やりきって準備してきたものを本番で決められれば。結果をというより、自分の滑りをすれば、結果になる。それぐらい高い難易度のものを決勝でやりたい」。

 

今季のテーマは『圧倒的に勝つ』。

 

自信は揺るがない。

 

 

決勝は明日14日に行われる。
◆平野歩夢(ひらの・あゆむ)

1998年(平10)11月29日生まれ、新潟県出身。開志学園出身。

160センチ、50キロ。14年ソチ五輪銀メダリスト。16年Xゲーム優勝。

昨年の左膝靱帯(じんたい)損傷から復活。12月にW杯2連勝。

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, , , ,