【平昌五輪】衣装が脱げたら減点?フィギュアの露出事情

 

11日の団体アイスダンスのショートダンス、韓国ペアに起きたハプニング。

 

演技中に閔秀拉(ミン・ユラ)の真っ赤な衣装の背中のホックが外れ、肩甲骨付近の衣装がひらひらと揺れ、胸元もはだけそうになった。

最終的には相棒のガメリンが衣装を押さえながらフィニッシュまでたどり着いたが、このアクシデント、減点にはならないの?

まず衣装や小道具に関する国際スケート連盟(ISU)の取り決めを見てみる。

<1>衣装の一部が落下する。

<2>タイツ、長ズボンを着用すること。生足は禁止されている。男性は半そで以上を着なければならない。

<3>アイスダンスのフリーダンスを滑る女性は、スカートを着用しなければいけない。

<4>露出度の高い印象を与えない。裸体を思わせるものもNG。
 

これらに抵触すると1点の減点が科される。
今回の韓国ペアのケース。まずはホックが外れただけならば減点にはならない。

もしホックが外れ、何かの付属物などが氷上に落ちた時点でマイナス1点となる。

そして、もし落下物がなくても衣装が脱げてしまい過度な露出になった場合も減点対象にあたる。
 

ただし、もし競技続行に相応しくないと判断されれば、審判が中断させ、服装をあらためた上で中断要素からの再開となる。

その場合に抵触するのは、衣装ではなく、中断に関するルール。

時間次第では棄権を強いられる可能性もある。

 

今回は過度な露出にはあたらず、中断もなかったため、減点はなかった。

もちろん、脱げないように演技外の動きを強いられたため、その分得点は伸びなかった。

聯合ニュースによると閔秀拉は

「中断しようとも思ったけど、応援を聞いていたらできなかった。次は服をしっかり着て出たい」

と述べた。
 

4種目の中で、特に「氷上の社交ダンス」と呼ばれるアイスダンスに関しては衣装への締め付けが厳しくなったばかりだった。

もともとシングルと違い女性は素肌のおなかを見せてもよいなど寛容な面もあったが、昨年5月にISUは平昌五輪に向けた規定として、肌が透ける素材を使用したコスチュームを着た場合も減点対象に加えた。

 

見せる競技だからこそ、衣装もその一部だが…。

選手はさまざまに気を使って、演技に臨んでいる。

 

 

  • 脱げたら減点なんて当たり前の話。
    下着が見えても減点の為みんなノーパンでやっているのに。
    今回のは失格相当。
  • 美しく優雅に見せる演技がフィギュアスケートの魅力だから美しく見えなきゃ減点も仕方ない時はあると思うけど…ちょっと厳しいな〜
  • 以前から疑問に思っていたんだけど、
    なぜ、女子選手はスカート着用が義務なの?
    お尻丸出しで開脚したりするのが見たいだけか?(-_-;)
    そういえばテニスも女子はスカート着用が義務だっけ???
    歴史的セクハラではないのか?
  • 露出の高い印象の衣装がとても多い気がしていましたが、まだまだ露出は少ない衣装なのですね。。。
  • ちょっとかわいそうな気がする。
    それなら露出度の高い衣装は禁止にしたらいいのに。
    女性アスリートに対してエロを求める必要性が分からない。
  • スパンコールが落ちても減点ってテレビで誰かが言ってましたね。
  • フィギュアスケートじゃなくても、露出の高い女性の衣装はふとしたことで脱げそうな服もある。
    脱げそうなリスクを本人が抱えるなら良いのでは?
    脱げた時に中止にするか、続行するかはプレイヤー判断で。
  • ルールもわからないけど
    審査員がどんな大物でどれほどの公正さと正確さを見極めてるのかがわからない
    自分のタイプとか
    ルーツとか
    コーチの知り合いとか関係ない?
  • 衣装が脱げてはどちらにせよ本来の力は出せないですねぇ。それにしても、本来肌が見えてるように見せかけたベージュの布を使うのがメジャーだと思っていたので今回みたいなほんとに肌を出すタイプの衣装もありなんですね?

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, , ,