【平昌五輪】宮原知子の判定 専門家も疑問

 

平昌五輪のフィギュアスケートの団体戦、女子シングル(SP)が行われ、日本のエース、宮原知子(19、関大)と、“世界女王”エンゲニア・メドベージェワ(18、OAR)が明暗を分けた。

 

日本は5位でFS進出を果たしたが、宮原は21日からの女子個人戦に向けて厳しい現実を突きつけられることになった。

宮原は冒頭の3回転ルッツ+3回転トゥループの連続ジャンプも乱れず着氷に成功し表面上はミスらしいミスがないまま『SAYURI』の世界を華麗に表現した。

演技を終えて手ごたえがあったのかガッツポーズまで飛び出た。

 

だが、キス&クライで、得点が68.95点と出ると、思わず宮原の表情は凍りついた。

呆然といった表現が正しいだろう。

「点数的には少し悔しい」。

精一杯のコメントだった。

冒頭の3回転ルッツ+3回転トゥループの連続ジャンプで両方を回転不足と判定されたのである。

 

この連続ジャンプの基礎点は10.30点だが、2つのジャンプで回転不足を取られたため、7.20点まで減点となり、GOE(出来栄え点)もマイナス1.20点となった。

これだけで少なくとも4、5点は失ったことになる。

 

なぜ宮原は五輪の大舞台で回転不足判定を取られたのか。

元全日本2位で大会によってはジャッジ経験もある中庭健介氏は

「審判員が判断している映像を見たわけではなく、あくまでもテレビ映像を見ての個人的な意見ですが、少し厳しい判定だったように思えました」

という感想を口にした。

 

「おそらく違った審判員が違った大会で、今日の宮原さんのジャンプを判定すれば、アンダーローテーション(回転不足)を取らない可能性もあります。明らかなアンダーローテーションではなく、それほど微妙な判定だったことは確かです。

ただ、今日の審判員は、宮原さんに対してだけでなく、コストナー選手、オズモンド選手の連続ジャンプに対してもアンダーローテーションを取っていました。“ここからがクリア、ここからがアンダー”というライン(基準)を公式練習などを見ながら審判員が固めるのですが、今日のラインが、今回の五輪では個人戦でも目安となるのでしょう」

 

ジャンプに高さがなくスピードと回転力でカバーしてきた宮原は、これまでも回転不足が問題とされてきた。

冒頭の連続ジャンプも、昨年のNHK杯と1月の四大陸選手権ではファーストジャンプの3回転ルッツが回転不足と判定され、昨年の全日本選手権では、セカンドジャンプの3回転トウループが回転不足とされた。

昨年に名古屋で開催されたGPファイナルのフリーでも連続ジャンプが2つ共に回転不足として減点された。

 

回転不足の定義は、踏み切りから着氷まで4分の1以上の回転が足りないと判断された場合(2分の1以上の場合はダウングレード)に減点されるもので、専門の審判員が、映像のスロー再生を行い確認するが、それは、機械的に計測されるわけではなく、人の目で踏み切りから着氷までの姿勢や、つま先、ブレードの角度などを見て判断される。

 

中庭氏によると

「わかりやすくいえば時計の12時で踏み切り、3時の地点までで下りればクリアですが、それ以上、つまり4時くらいになるとアンダーローテーとなります。ただ、ジャンプは一回、一回、踏み切る角度も違いますし、テイクオフもランディングもカーブを描く中で行われるので、“どららとも取れる”という微妙なグレーゾーンが発生します。

多少ですが、審判員の主観で大会ごとに“厳しい、甘い”という傾向が出ることになります。ただ歴史的に五輪の判定がいつも厳しいのか、というとそうでもありません」

という。

中庭氏が指摘するように、団体戦の女子SPでは、宮原だけでなく、2位に入ったカロリーナ・コストナー(31、イタリア)、3位に入ったケイトリン・オズモンド(22、カナダ)も揃って冒頭の3回転フリップ+3回転トゥループの連続ジャンプのセカンドジャンプである3回転トゥループを回転不足と判定されていた。

宮原が、メダルを狙う個人戦でも同じ審判団形成が予想されるだけに、回転不足を取られない正確なジャンプへの修正が必要になる。

だが、中庭氏は「極端な修正は危険だ」と指摘する。

「クリアな回転にするために“もっと高く、もっと回転力を”という取り組みをしてしまうと、せっかくのリズムや曲との調和までが狂ってしまう危険性があります。大きな修正を求めるのでなく微調整でいいと思います。回転不足に神経過敏にならないことが重要ではないでしょうか。自信を持って個人戦に挑んで欲しいと思います」

一方、メドベージェワは、パーフェクトな演技でフィギュア好きな韓国のファンを魅了、自らが保持していたSPの世界最高得点を更新する81.06点をマークした。

ジャンプは、すべて基礎点が1.1倍となる後半にまとめて得点を稼いだ。

昨年、右足指を骨折。

GPファイナルから国内の代表選考会となっていたロシア選手権まで欠場、1月の欧州選手権で復帰したばかりで、そこでは、15歳の後輩のアリーナ・ザギトワに敗れたが、初出場となる五輪本番でピークに近い状態に仕上げてきた。

 

完全復活である。

国際スケート連盟の公式サイトも女王復活の様子を伝えた。

 

だが、メドベージェワ自身は、演技に満足せず、

「何がもっと良くできるかわかっている。5段階評価だと自分では4、もしかしたらもう少し低い自己評価だ。練習で、どのように滑るかわかっているし、もっと自信を持てる。だから今日、自分でそれを感じるために氷上へ向かった。今はすべての構成も何を準備すればよいかもわかっている」

とコメントを残している。

回転不足という問題を抱えた宮原、そして、団体戦のフリーに登場する勢いのある坂本花織(17、シスメックス)の日本勢は、厳しい戦いを余儀なくされることになりそうだ。

 

 

前回のソチ五輪団体銅メダリストのアシュリー・ワグナー(米国)はツイッター上で、宮原の演技と同時刻に「サトコのプログラムが好き」と投稿。

「美しさやエレガントさを保ちながら、彼女を鋭く、そして強くもさせるから」

と全日本女王の演技について、つづった。

 

ワグナーといえば、全米選手権を3度制覇した実力者。

今大会は同大会で4位に終わり、2大会連続の出場権は逃したが、美しいスケーティングに日本にファンも多く、宮原とも国際舞台を鎬を削ってきた。

 

それだけに、盟友の演技を認めているようだ。

 

宮原の演技内容については

「回転不足かどうかなんて、どうでもいいことだ。彼女はただただ偉大なダンサーで私はずっと愛している」

「あまりに優雅。偉大なパフォーマンス」

と海外ファンから称賛する声も相次いでいた。

 

 

 

 

 



-スポーツ, 話題
-, ,