ブラック病院を見分ける4つのポイント

 

過労医師が働き続ける“ブラック病院”。

 

そんな病院にはかかりたくないが、見分けるチェックポイントがある。

 

 

◆話しかけても看護師が止まってくれない

看護師は病院の実態を映す「鏡」だ。

「看護師が常に慌ただしく、患者が声をかけても立ち止まって話してくれない病院は要注意。看護師の数が足りず、緊急時に手が回らない可能性があります。患者が話しかけたいそぶりをしても看護師が話しかけてこないことも、患者を見ていない証拠です」(NPO医療制度研究会副理事長の本田宏医師)

 

 

◆看護師の髪がボサボサ

看護師は基本的に華美な化粧は禁止される。医師でジャーナリストの森田豊さんは、「チェックすべきは髪です」と指摘する。

「ボサボサで長い髪の看護師がいる病院は注意すべきです。衛生面でも気配りが足りないし、髪を結う余裕がないほど忙しいと推察できます」

 

 

◆ナースステーションが静か

看護師の余裕のなさはナースステーションにも表れる。

「基本的に看護師は明るく親切ですが、どうしても疲れると笑顔が少なくなりナースステーションが静かになる。実際に過酷労働で知られる某大学病院の看護師はみんな静かで顔色が悪い。患者は無駄話でも聞いてほしいのに、疲れ果てた看護師は上の空というのはブラック病院によくあるパターンです」(森田さん)

 

 

◆食事、掃除、事務などを外部に委託している

本田さんは、最近の病院に「経営の論理」がはびこることに危機感を抱く。

「今の病院経営者は人件費削減を掲げて、事務、給食、掃除などを外部委託するケースが多い。本来、病院はチーム医療であらゆる部門が一体となって患者を見守るべきです。例えば、外来待合室は目の前で患者が倒れたり苦しんだりすることがあり、その緊急対応を担っている。

ところがある病院では、外来受付を外部委託しているため、そういった対応が迅速にできない。患者にとって不幸なことです」(本田さん)

 

規模が大きく、有名な病院が安全とは限らない。

名前だけで判断せず、このチェックリストを活用し、命は自らの力で守ろう。

※女性セブン2018年2月15日号



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,