〈私は殺していません〉獄中から訴えた350通の手紙

 

滋賀県東近江市の湖東記念病院で'03年5月、72歳の男性患者Tさんが死亡。

 

看護助手をしていた西山美香さん(38)が取調べ中に自白し逮捕された。

美香さんは拘置所に入ってから一転、犯行を否認。獄中からの手紙で両親に訴え続けた。

無罪を勝ち取るため、裁判・再審請求で負け続けてもあきらめなかった。
 

獄中の美香さんと両親との手紙のやりとりは350通余り。

美香さんが両親に宛てた手紙には、両親への気遣いと、冤罪で自由を奪われた苦しい胸のうちが綴られている。
《私は殺ろしていません。これだけは胸を張って言えることです》

《お父さんやお母さんが外で一生けんめい無罪をうったえてくれているので私もここで一生けんめいがんばります》

《私は自分が無罪でなにもやっていないことをまげようとは思っていません》(以下《》内は美香さんの手紙)
 

'17年8月24日、午前10時。

和歌山刑務所。

懲役12年、勾留されてからの1年を含め13年ぶりに美香さんは出所した。

しかし、出所してもなお、西山親子の闘いは続く。

昨年12月、裁判のやり直しを求める再審請求が大阪高裁で認められたが、検察が、これを不服として特別抗告。

 

再審の行方は不透明だからだ。
'03年5月22日未明。美香さんが当時、看護助手として勤めていた湖東記念病院に入院中の男性患者Tさん(当時72)が、心肺停止の状態で発見された。

 

Tさんは植物状態で人工呼吸器を着けていたが、発見した看護師のAさんは、

「人工呼吸器のチューブが外れていた」

と報告。
 

警察は、この日当直だった看護師のAさんや、看護助手の美香さんが、

「チューブが外れれば鳴るはずのアラームに気づかなかった」

“業務上過失致死”の疑いで、事情聴取を進めていった。
 

取調べの途中で、看護師Aさんは、

「チューブは外れていたかどうかわからない」

と供述を変えた。
しかし、取調べを担当していたY刑事は、

「(チューブは外れていて)アラームは鳴っていたはずだ」

と、看護師や美香さんらに、強引な取調べを重ねた。

 

のちに獄中から弁護士に宛てた美香さんの手紙にはこう綴られている。
《なっていいひん(いない)もん(を)なったとは言えんと抵抗しましたが(Y刑事が)机をバンとしたりイスをけるマネをしたり……》
事件から1年後の'04年5月、美香さんは、「アラームは鳴っていた」と供述を変えてしまう。

 

すると、Y刑事の態度がコロッと変わった。
《(鳴っていたと言ったら)急に優しくなって、Y刑事のプライベートなこととかいろいろ聞いて私のことを信用していろんな話も聞いてくれてすごくうれしかった》
刑事は美香さんが、幼いころから優秀な兄にコンプレックスを持っていたことを知ると、

「西山さんは、むしろかしこいコ」

などと言葉巧みに美香さんの気をひき、意に沿う供述を引き出そうとした。
 

供述心理学者の鑑定で人に迎合しやすい傾向があるとされた美香さんは、Y刑事に優しくされて舞い上がり、好意を寄せてしまう。
しかし、「アラームは鳴っていた」という美香さんの供述のせいで、看護師Aさんへの取調べが厳しさを増したことを知った美香さんは、「私のせいだ……」と自らを責めた。
なんとか供述を取り消してもらおうと、「実は鳴っていません」と書いた手紙を警察署に持っていったが、取り合ってもらえない。
「(アラームが鳴っていたのなら)チューブが外れていたはず」

と、問うY刑事に、「私がチューブを抜きました」と“自白”をしてしまったのだ。
 

「病院の待遇に不満を持った美香さんが、病院を困らせてやろうと、入院患者Tさんの人工呼吸器のチューブを外した」

というストーリーが出来上がった。
’04年7月6日、美香さんは殺人罪で大津警察署に逮捕される。

27日、殺人罪で起訴。

 

'04年9月、第1回公判開始。美香さんは容疑を否認。

「Y刑事に好意を持ち、気に入られようとウソの自白をした」

と無罪を主張した。
 

しかし、'05年11月、大津地裁は懲役12年の判決。

控訴するも、'06年10月大阪高裁は、棄却。残るは、最高裁への上告だけだったが、美香さんの訴えが最高裁に届くことはなかった。

 

「捜査段階の自白は自発的で信用できる」として、'07年9月、最高裁は上告を棄却。

懲役12年が確定したのだ。
 

このころ美香さんは、

「やってないのに、なんで刑務所におらんとアカンのや!」

と、ホチキスの針を飲んで自殺を図ったり、頭を刑務所の壁に打ち付けたりして自暴自棄になることもあった。
《最後まであきらめずに闘いたいけど、もう上告までいったらこの先戦えることはないと思います。(中略)私は人との接し方がわからないし、自分に自信がありません。すぐに涙がでるし……(後略)》
美香さんの無実の罪を晴らすまで、両親はあきらめるわけにはいかなかった。

すぐに新たな弁護士を探し、'10年9月、裁判のやり直しを求める再審請求を行った。

だが、懸命に闘う西山親子の前に、突きつけられる現実は厳しいものだった。
 

'11年、3月30日、大津地裁第1次再審請求棄却。

5月23日、大阪高裁即時抗告棄却。

8月24日、最高裁特別抗告棄却。
《早くお父さんとお母さんと一緒にご飯が食べたいです》

《このごろすごく家が恋しく思って泣けてきます》
美香さんの両親は、第2次再審請求に向けて力になってくれる弁護士を探し始めた。

しかし、自白を覆すための弁護を引き受けてくれる弁護士は、なかなか見つからない。

最後に訪ねたのが、現在、弁護団長を務める元裁判官の井戸謙一氏だった。

 

井戸弁護士は、当時をこう振り返る。
「私も最初はむずかしいと思いました。でも、記録を読み込むと、警察の捜査に都合がいいように、供述を変えさせられていた。美香さんは“無実”だという確信を持つようになりました。だからお引き受けしたんです」(井戸弁護士)
井戸弁護士という心強い味方を得て行われた第2次再審請求。

新証拠として提出したのが、「死亡した患者Tさんは“自然死”だった」という専門家の意見書だった。
 

「平常時は、血中のカリウム濃度は3.4~5.1ミリモル/リットルあるのですが、亡くなったTさんの死後の解剖記録によると、1.5ミリモル/リットルと異常に低く、致死性不整脈による“自然死”だった可能性が出てきたのです」(井戸弁護士)
そもそも、“事件”ですらなかった――。

しかし、再審への扉はなかなか開かない。

 

'15年9月、第2次再審請求は大津地裁で棄却。

美香さんらは大阪高裁に即時抗告。

美香さんは’17年8月24日、罪が晴れないまま満期出所。
 

そうして迎えた大阪高裁での審判の日。

手応えは感じていた。

高裁の裁判官が、

「患者Tさんの死因が“自然死”だったという詳しい証拠を提出するように」

と事前に求めていたからだ。
 

出所から5カ月たった昨年12月20日。

 

美香さんは決定を聞くために、ひとりで大阪高裁に向かった。

「アカンかったら3回目の再審請求をしたらいいんや」

と、不安を打ち消すように、そう自分に言い聞かせた。

 

“本件について再審を開始する”
通知を受け取った美香さんは、反射的に「えっ! ほんまに?」と声を上げた。

勝ち取ることが困難な再審決定。

そんな“開かずの扉”が開いた瞬間だった。

美香さんは、その場に泣き崩れた。
 

無罪が出たら、美香さんにはやりたいことがたくさんある。
「調理の仕事に就きたいんです。食べるのが好きだから、将来は自分の店も持ちたい。それに、お世話になった人たちへの恩返し。中学時代の先生や支える会の人たち。私は井戸先生に救ってもらったから、井戸先生が弁護をしている原発事故で苦しんでる子どもたちの支援もしたい」(美香さん)

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,