【平昌五輪】坂本花織、公式練習欠席の理由は・・?

 

フィギュアスケート平昌五輪女子代表で、9日の公式練習を欠席し、団体戦の応援席にも姿を見せていなかった坂本花織(17)=シスメックス=が、選手村を離れてソウル市内のリンクで練習していたと10日、小林芳子監督が明かした。

練習時間の確保が大きな理由。

現在はフィギュア団体戦と練習に加え、ショートトラックも行っていることもあり、1日40分程度しか滑れない日もあった。

移動の疲労も考慮したが、氷に乗れる時間の確保を優先。

日本スケート連盟が事前に確保していたリンクを使用した。



 

団体女子ショートプログラム(SP)のエントリー申請が10日午前10時であったため、それまで選手起用に関する情報発信は控えられていた。

8日午前の練習後に離村した坂本は、この日帰村予定。
9日は約3時間の練習をこなせたといい、小林監督は「明日からまた滑ります」と話した。

団体戦女子SPは11日、同フリーは12日に行われ、坂本はフリーでの起用が確実。

個人戦はSPが21日、フリーが23日に予定されている。

 

 こちらの記事もどうぞ

-スポーツ, 話題
-, , ,