安倍首相の大ウソ「疑惑の元TBS記者」の披露宴で来賓挨拶

 

都合が悪くなると、息を吐くようにウソをつく――。

 

「総理」というタイトルの著書があり、安倍首相ベッタリの元TBS記者・山口敬之氏には目下、“準強姦もみ消し”疑惑のみならず、スパコン詐欺事件にも関与した疑いが浮上している。

 

疑惑の渦中にある“御用記者”との関係を国会で問われた安倍首相は、「ただの番記者だ」と色をなして否定したが、日刊ゲンダイの調べで、それが大ウソだったことがハッキリした。

 

軍事ジャーナリストの小川和久氏が、安倍首相と山口氏の“蜜月”関係を示唆するツイートを突然削除し、ネット上で物議を醸している。

 

問題のツイートは、2012年12月30日付で、小川氏は、安倍首相にインタビュー取材した山口氏の記事を取り上げた上で、

〈あのY記者(=山口氏)は安倍さんと最も親しいジャーナリスト。仲人も安倍さんなのだ(笑)〉

と投稿していた。

 

約5年も前のツイートだが、小川氏は先月30日に突然削除。

 

実はこの日の衆院予算委で、安倍首相は山口氏との関係を問われ、

「番記者時代に取材を受けただけ。それ以上でも以下でもない」

とムキになって答弁していた。

 

 

その直後のツイート削除について、小川氏は会員限定のメルマガで

〈親しい関係ではないと言っても旧知のY記者が渦中にある性的暴行の疑惑は、私にとっても愉快なものではなかった〉

〈不愉快な事件と関わりたくなかった〉

と理由を明かした。

 

小川氏の心中は察するに余りあるが、重要なのは「安倍首相が山口氏の仲人だった」か否かだ。

事実なら安倍首相の「ただの番記者」発言は大ウソじゃないか。

 

改めて小川氏本人に電話で話を聞くと、

「安倍氏が山口氏の仲人を務めたか否かは、詳細は存じ上げません。人づてに聞いた話です」

と答えた。

 

 

■“お友達”をあっさり切り捨て

そこで日刊ゲンダイは山口氏の結婚披露宴に出席した人物を追跡。

ようやく取材に応じてくれる出席者を見つけ出すと、匿名を条件にこう打ち明けた。

 

「仲人だったかどうかは思い出せませんが、安倍さんは十数年前の山口氏の披露宴に間違いなく出席し、来賓の挨拶もしていたのを覚えています。他にも何人か政治家が来ていましたし、霞が関の官僚やメディア関係者などが大勢出席していましたね。とにかく、派手な披露宴でした」

 

そもそも、山口氏は著書「総理」の中で

〈(安倍氏とは)出会った当初からウマが合った〉

〈時には山に登ったりゴルフに興じたりした〉

と書き記し、故中川昭一元衆院議員の死去の際、安倍首相から

「お通夜に行くんだけど、一緒に行かないか?」

と誘われたエピソードまで紹介している。

 

その上、結婚披露宴で祝辞を述べるほどの相手が「ただの番記者」のわけがない。

どう見たって“お友達”だ。

 

 

森友問題でも安倍首相は、籠池泰典前理事長について当初は「教育に対する熱意が素晴らしい」と持ち上げていたのに、疑惑が噴出し始めると「非常にしつこい」と手のひら返し。

 

今や「詐欺を働く人物」「嘘八百」呼ばわりである。

 

都合が悪くなると、“お友達”をあっさり切り捨て、コロッと態度を変えるのは、安倍首相の常套手段だ。

 

国民は、安倍首相の発言こそ「嘘八百」だと注意した方がいい。

 

 

 



-エンタメ, ゴシップ, 事件・事故, 国内, 話題
-, ,