ペットショップにいた乱暴なトリマー、動画を撮られクビに(米)

 

ペットの毛並みを整えたりカットしてもらうトリミング・サービス。

このほど米テキサス州のペットショップにて、従業員がトリミング中の犬を乱暴に扱う様子を収めた動画が公開され、物議を醸している。

 

『ワシントン・ポスト』などが伝えた。

 

事件が起こったのは、テキサス州ヒュートン郊外の大型ペットショップ「ペット・スマート」。

来店したテラ・レーダーさん(Terah Leder)は奥にあるガラス張りのトリミング・エリアにて、従業員がシーズー犬を乱暴に扱っているところを目にした。

 

思わず身震いしてしまうほどの光景を、テラさんはスマートフォンで録画した。

そこには首回りの毛をカットするため無理やり犬の鼻口部をふさいだり、頭や耳付近をつかみ乱暴に引っ張る女性従業員の姿が映っていた。

 

従業員のあまりに酷い扱いにテラさんは録画を中断、ガラス窓を叩いて従業員にこう告げたのだ。

「あなたが今したことを見たわ。」

「これであなたは仕事を失うことになるでしょうね!」

 

店のマネージャーに状況を説明し本社の電話番号を聞き出すも、この従業員は引き続きトリミングを続けていたようである。

テラさんは後にこの動画を「ペット・スマート」本社へ送っており、問題の女性従業員はその場で解雇されたという。

しかし、この犬の飼い主に店内で起こったことを伝えなければならないと感じたテラさんは、飼い主のブルック・バウワーズさん(Brooke Vowers)が犬を引き取りに来るまで待つことにした。

 

1時間ほどしてブルックさんがトリミングを終えた愛犬“ブー”とともに「ペット・スマート」から出てきたところで、動画を見せながら一部始終を話したのだった。

愛犬“ブー”に起こった悪夢は、ブルックさんにとって“寝耳に水”で驚くしかなかったそうだ。

 

ブルックさんは後に自身のFacebookで、テラさんの撮影した動画を公開。

「もうあの店には絶対に行きません。激しい憤りを感じています」

と綴り、この投稿の拡散を呼びかけた。女性従業員の実名を明記して

「せいぜいこの動画を見て楽しむといいわ」

とも記している。

 

「ペット・スマート」はこの従業員の勤務態度について、

「許容し難い行動であり、黙認されるべきではない」

「従業員は皆心より動物を愛しています。あの動画は我々の企業理念を象徴するものではありません」

と声明を発表したが、Facebookには

 

「こんな横行が平然と起きているなんて、職場の管理はどうなっているんだ?」

とのコメントも見られ、ずさんな職場環境を疑問視する声も見受けられた。

 

ブルックさんは

「彼女の動画がなければ、あの店で何が起こっているのか誰も知らずにいたかもしれない」

とし、これをきっかけに職場環境やトリマーの職務態度に関する指針などが検討されることを願っている。

 

 

 

かわいそうです・・・

 

 



-事件・事故, 海外, 話題
-, , ,