安藤美姫さん、独特すぎる解説で「お仕事が来ない」

 

フィギュアスケートの元世界女王、安藤美姫さん(30)が9日放送のフジテレビ系新番組「モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~」(金曜後7・0)に出演。

 

平昌五輪でのフィギュアスケートの注目選手について安藤さんが解説するも、独特な表現を連発。

さらに解説の仕事が来ないことを嘆いた。

 

男子シングルのパトリック・チャン(27)=カナダ=の演技では

「このコーナーで…これ!」

と表現。

 

さらに曲に合わせて「ハレル~ヤ~」と歌いだす。

 

羽生結弦(23)=ANA=の演技解説では

「ココからのコレですね」

で周囲が戸惑う中、さらに「からのココ」。

 

宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=の演技で4回転ジャンプに入るまでにターンを入れることで難易度が上がることを解説する際には

「ココからの…ココからの…こ~の感じ」。



 

坂本花織(17)=シスメックス=の連続ジャンプでは、背景にある看板の文字を突然読み上げ始め、出演者一同はあ然。

 

MCを務める古舘伊知郎(62)らが補足しながら質問を投げかけると、それぞれの演技に対し説明ができるものの、自身の言葉では抽象的な表現の連続だった。

 

古舘はこの解説について

「安藤美姫さんの解説はかみ締めてかみ締めないとダメですね」

と評した。

 

すると安藤さんは自身の解説を「変」と振り返り、

「解説が上手じゃないからお仕事が来ない」

と明かした。

 

う~ん、長嶋流ですね。

村上佳菜子さんの解説は解かり易いかな・・・?

 

 

 こちらの記事もどうぞ

-エンタメ, ゴシップ, スポーツ, 話題
-, , ,