雪に埋もれ救助要請・9時間後の到着時には死亡

 

福井県警坂井署は8日、同県坂井市丸岡町上竹田の国道364号で7日夜、雪に埋もれた軽乗用車に乗っていた富山県の会社員男性(19)が死亡しているのが見つかったと発表した。

 

死因は一酸化炭素中毒で、低体温症の症状もあった。

男性は発見の約9時間前に携帯電話で救助要請をしていたという。

 

同署や福井県などによると、男性は7日午前9時25分頃、

「富山に帰る途中に雪に乗り上げた。JAF(日本自動車連盟)に連絡したが、来ない」

などと110番。

 

しかし、連絡を受けた県の除雪車が到着したのは午後6時50分頃で、作業員が運転席で倒れていた男性を見つけた。


【もしもアフィリエイト】ってなに?


 

周辺にはほかに8台ほどの立ち往生車両があったが、ドライバーらの多くは開放された近くのコミュニティーセンターに避難していた。

 

 

  • 110番を受けた警察で車内にいることの危険性を伝えなかったのでしょうか?
  • 若いから一酸化炭素中毒の知識がなかったかもしれないね。
    近くに逃げる場所があっただけに悔やまれる。
  • 亡くなった方は残念だが、自衛隊員の昼夜を問わずの除雪作業等や民間の食料調達が無ければ被害はもっと拡大していたに違いない。
  • 車に留まっていなきゃいけないと思ったのかな。
    救助要請したのに無念です。
  • 雪道は、スタッドレスを履いていれば安全ではない。積雪量、降雪量、それでも車に乗らなければならない理由、条件により準備が必要。スタッドレスでダメならチェーン、それでも車に乗らなければならないならスコップ、カッバ、防寒。今の車には、チェーンが装備されていない。チェーンにしてもスペアタイヤにしても、車載工具にしても、もしもの時に自分を守るもの。便利になればなるほど人間の自己防衛能力は衰えていく。もしもの時の備えをもう少し考える必要があると思う。
  • 救助要請を受けた側(所轄の警察、JAF)も、どういう行動を取るべきかをアドバイスすべきだったと思う。
  • JAFもすぐに駆けつけられなかったのは理解できます。
    せめて、対処の方法のいくつかをアドバイスしてあげていたら
    違った結果になっていたかもと悔やまれます。
  • 車ほってでも避難してほしかったな。
    教訓にしよう。
  • 雪が積もる可能性がある地域にいるかたは最低限の知識は持たないと危険だよね。
  • 危機管理能力と対応力がないんだな。
    救助は要請したがこの状況では時間が掛かるだろうと予測出来なかったのか?
    甘えた環境で育ったんだろうな。
  • 緊急度なんかわからないし、担当者もサボってた訳じゃなく、順番にやってただけだろうから、仕方ないかな
    教習所や免許の更新の時にでも雪で動けなく成った時の対応法をしっかり伝えるべきかと
  • 大抵、失敗の原因は情報不足、もし、テレビや劇画、スマホ等でで必要な情報を得られていれば、結果は変わっていたと思いますね、まさに、敗けに不思議な敗けは無しですね。
  • 気の毒に、渋滞とは関係ない場所だったのかな
    やはり、クルマにとどまるならマフラー付近だけでも雪かきしないと危険
    それでも排気管に穴など空いてたら車内に入ってくるからなるべくなら外に逃げたほうがいい
  • 19歳と言うことは、一酸化炭素中毒になる知識が無かったのかな?
    最近ニュース等で話題になるんだけど、あまりテレビを見ない人だったのかな?
    ご冥福をお祈りします。
  • まだ若いのに・・夢半ばですよね・・
    ご両親が可哀そうです。
    ご冥福を祈ります。

 

 

適切なアドバイスがなかったのが悔やまれます。

 

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, ,