「維新」公認市議に“元暴力団員”疑惑

 

奈良県香芝(かしば)市に鈴木篤志という日本維新の会公認の市議会議員がいる。

 

その鈴木篤志、実は山健組の元組員だという――。

***

 

「今年の正月、関係者宛に匿名の年賀状が届きましてね。彼が組事務所にいる写真が載っていたんです」

と明かすのは、地元の市政関係者。

 

市議会関係者は水面下でヒアリングを行ったが、本人は真っ向から否定したという。

しかし、当時の鈴木議員を知る複数の元暴力団関係者はこう証言する。

 

「そんなウソは通らん。鈴木が組に出入りし始めたんは十数年前。当時の組は山口組3次団体で、4代目山健組の下やった」

 

その言葉を証明するように、〈甲野篤志コト鈴木篤志〉が2013年に山健組から破門されたことが記された破門状も存在する。

 

市の暴排条例によると、組を抜けてから5年間は暴力団員扱いされる。

鈴木議員が市議会議員に当選したのは2017年。

破門後4年しかたっておらず、条例上は暴力団員のまま、公職についたことになる。

 

公認した維新の会に本件について取材を申し込むも、担当者をたらい回しにした挙句、9日12時までに回答はなかった。

 

 

2月7日発売の「週刊新潮」では、代紋が掲げられた部屋でケータイをいじる鈴木議員の写真を掲載。

さらに、組員当時の鈴木議員の様子や、代理人弁護士の反応などを報じる。

「週刊新潮」2018年2月15日号 掲載

 

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,