16歳養女・38kgの体にオムツをはかされ衰弱死 鬼の養母(米)

 

いったい何のための里親なのか。

 

米オハイオ州で2016年、鬼さながらの養母のもと、16歳の少女がみじめな姿で餓死するという事件が起きた。

養母の起訴にあたって罪状は複数におよび、裁判は昨年3月にスタート。

このほどやっと結審となったが、養母は一生刑務所から出られない極めて重い量刑を言い渡されたもようだ。

育児放棄と虐待の末に養女が餓死したのはアイオワ州デモイン(Des Moines)で2016年10月のこと。

 

鬼の養母のせいでたった16歳の短い生涯を閉じたのはナタリー・フィンさん。

最期は成人用オムツをはかされるというみじめな姿であった。

 

彼女の当時の体重は38kg、衰弱による心臓発作死であったことがわかっている。

これにより養母のニコル・フィン(当時42歳)はその元夫であるジョゼフ・フィン(当時46歳)と共に、第一級殺人、子供を危険にさらしたことにより死亡させた罪、保護責任者遺棄、ネグレクト(育児放棄)、子供に重傷を負わせた罪、誘拐罪など様々な容疑で起訴された。

ナタリーさんは彼女の実の弟ジェイデンくん(当時15歳)と妹ミケイラちゃん(当時14歳)とともにフィン家に養子に迎えられていた。

州児童保護当局の職員と警察は2016年8月に自宅を訪問して育児の環境、成長などの調査にあたっていたが、その際には食料品も十分にあり、痩せ細っているナタリーさんについては

「本人が食べ物を受け付けない。この子は問題児で精神疾患が疑われる」

などと説明された。

 

下の2人も痩せていたが、虐待や育児放棄を疑う点はないとして、職員はナタリーさんの医療機関受診を軽く勧めただけで帰っていった。

そして同年10月、倒れて息絶えたナタリーさんにニコルは自ら911番通報。

 

しかし子供たちはバスルームの使用を禁じられており、寝室の毛布や布団は排泄物まみれで、10匹以上の猫や犬がきわめて不潔な状態で飼われていることに救急隊員が気づき、児童保護当局はニコルから弟と妹を引き離した。

養子縁組を行う上で、何よりも優先されるべき安全で健康的な住環境という条件が何一つ満たされていなかったうえ、子供たちが窓から外に出て隣人から食べ物をもらうなどしていることも発覚した。

隣人、そして子供たちが通っていた学校の関係者は、州児童福祉当局の職員による調査の不足と怠慢を強く非難。

彼らがもしもニコルから3人の養子を強制的に引き離すことを決断していたら、こんな悲劇は起きなかったと主張した。

これを受け州保健福祉当局、議員、州オンブズマン事務局などがその調査に乗り出し、その結果、該当する職員が解雇されている。

そんななかニコル被告についての裁判が、1月26日にやっと結審した。

 

「フィン家の子どもたちが今、どれほどの心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しんでいるか、裁判所の我々も想像できかねます」

とカレン・ロマーノ判事。

 

先月には数々の罪状につき有罪判決が下っていたニコル被告だが、判事はそのうちの3つにつき終身刑を言い渡した。

 

一生この社会に戻ってくることは許されないとわかったニコルは、すぐに上訴の意志を示したという。

またナタリーさんが亡くなった時に夫婦は別居していたものの、元夫のジョゼフも子供を軟禁し、危険にさらした罪、育児放棄、保護責任者遺棄などの罪に問われている。

 

裁判は4月30日にスタートする予定だが、同被告も一貫して無罪を主張している。

 

虐待を楽しむための養子縁組だったんですか?

 

 

 



-事件・事故, 海外, 話題
-, ,