85歳逆走、重体の高1女子死亡・専門家分析「速度感覚がまひ?」

 

■時速70キロ超の恐れ

前橋市北代田町で1月9日朝、自転車で登校中の市立前橋高校の女子生徒2人が乗用車にはねられ重体となった事故は、発生から3週間あまりで、1年生の太田さくらさん(16)が死亡する事態となった。

 

事故当時、太田さんらが受けた衝撃はどれほどのものだったのか。

事故の瞬間をとらえた防犯カメラ映像を元に専門家に話を聞いた。(住谷早紀)

 

 

事故は学校の始業式の日の朝、片側1車線の県道で発生した。

同市下細井町の無職、川端清勝容疑者(85)の運転する乗用車がセンターラインをはみ出し、対向車線で右折待ちをしていた車のサイドミラーに衝突し、そのまま対向車線を逆走。

約130メートル先で縁石に乗り上げると同時に太田さんを正面からはね、民家のブロック塀に衝突した後、太田さんの後方の3年生、大嶋実来さん(18)も巻き込んだ。

 

「アクセルとブレーキを踏み間違え、パニックになったのでは」

と分析したのは、中日本自動車短期大学の森本一彦教授(自動車工学)。

 

「直前に対向車線の右折待ちの車と接触して気が動転し、アクセルを踏んでいることに気づかず、停止できなかった様子がうかがえる」

との見方を示した。

 

事故当時、制限速度の時速40キロを大幅に超過して走行した可能性があるといい、

「ミラーの接触事故を起こした地点からアクセル全開で走行した場合、太田さんと衝突したときには時速70キロに達していた可能性が高い」

と指摘した。

 

一方、元宮城県警交通警察官で日本交通事故調査機構の佐々木尋貴代表は

「うっかりで起こった事故ではない」

と話す。

 

川端容疑者の前方の車が渋滞していたにも関わらず、「異常な速さ」で対向車線を暴走した点に注目し、太田さんやブロック塀とぶつかった様子から、

「時速70キロ~80キロ出ていてもおかしくなく、アクセルを相当踏み込んでいるのは間違いない。アクセルとブレーキの踏み違えというより、速度感覚がまひしていたのでは」

と分析した。

 

 



-事件・事故, 国内, 話題
-, ,