沖縄県内で起きた交通事故、産経新聞「米兵が日本人を救出した」の創作記事

 


日本人を救ったとされる米海兵隊のヘクター・トルヒーヨ曹長

 

産経新聞はデジタル版「産経ニュース」で昨年12月9日、沖縄自動車道で同月1日に起きた車6台がからむ多重事故で「クラッシュした車から日本人を救助した在沖縄の米海兵隊曹長」が後続車にはねられ、意識不明の重体になったなどと伝える記事を配信した。

 

そのうえで、こうした「真実」を報じない沖縄タイムスや琉球新報は

「日本とその周辺地域の安全と安定のために日夜命がけで任務にあたる米軍への『敬意』を持ち得ないスタンス」

が「無慈悲」で、「報道機関を名乗る資格はない。日本人として恥だ」

などとも書いた。

 

同月12日付の紙面でも「沖縄2紙は黙殺」との見出しで記事を掲載した。

 

事実はどうなんだろうか・・・・

これに対し、琉球新報は1月30日付の紙面で、米海兵隊に取材したところ救助行為について否定したと伝えた。

 

「産経は事故後一度も県警に取材していない」とし

「事実確認が不十分なまま沖縄メディアを批判した可能性が高い」

などと反論。

 

沖縄タイムスも2月1日、同様の記事を載せた。

「産経新聞は誤った情報に基づいて沖縄メディアを批判した可能性が高い」

と反論している。



 

朝日新聞の取材に対し、沖縄県警は

「曹長が日本人を助けようとしていたことについては確認できていない」。

 

米海兵隊も

「(曹長が)救助行為をしたことについて、確認できていない」

と回答した。

 

 

産経新聞社広報部は1日、朝日新聞の取材に対し

「取材に関することにはお答えしておりませんが、この件に関しては継続して取材を進めており、必要と判断した場合は記事化します」

と答えた。

 

事実をきちんと確認しない創作記事はヤラセと一緒ですね。

自社を棚に上げて沖縄の報道2誌を非難するなんて最低です。

 

産経新聞、沖縄・出禁です!!

 

 

 

-事件・事故, 国内, 話題
-, ,